かわさき屋店主の日記

目標を持つことの意義について考えてみた。

こんにちは

齢40を前にしてまだまだ惑う男 かわさき屋店主 川﨑です。

33歳で、夢を見ることをやめました。30歳前後、現実に生きることの大変さを、それなりに味わってきましたので、そんなもん見てる場合じゃないってな感じで、現実路線で生きることにしました。その代わり、常に目標を持つように意識してきました。

個人的に、夢と目標の違いは、以下のように考えています。

夢  → 手が届かなくてもいいから、なりたい自分、やりたいことを思い描く

目標 → 実際にそこに到達するために、可能な手段や数値などを設定し、実現へ向けて動く

ってな感じですかね。

33歳の時に独立開業した私は、幸い、どんな未来でも描く権利と自由を手に入れました。やりたいことをやりたいようにできる。苦労は当然しますが、苦労の種類を自らが選択できる。まさに自由。そして、自由の中で感じる不自由さも、強く実感しました。やりたいことはあるけど、金がない、人がいない、物がない、時間がない。

やりたいことが明確になってくると、やるべきことがはっきりと見えてくることを感じています。いつやるかを明確に思い浮かべれば思うほど、その道程がはっきりと見えてきます。自分の能力を考えながら、一人、通勤の車の中で考えたりします。それは実現可能なのか。いつまでに何を実現しないといけないのか。そのために、今年何をしないといけないのか。すぐに何をしないといけないのか。

個人が若くして政治で世界を変える。それは、非常にハードルが高い。でも、現代社会では、商売で世界を変えることができます。30~40歳代で日本を変えた政治家は、近年では思いつきませんが、ソフトバンクの孫正義さん、楽天の三木谷んなんかは、その辺の年齢で大きな成果をあげた経営者です。世界を見ると、SNSやIT系なんかは、20~30歳代で台頭し、間違いなく世界を変えています。宮崎でも、若くして影響力を持つ経営者、所々で見受けられます。

店主川﨑、30歳代最後の一年間を過ごしています。30歳代は力を溜める年代として頑張り、40歳代で、何かしら地元綾町・宮崎県に貢献できるような仕事をしていきたい。地方から都市部への人口流出や、農業の衰退なんかに、何かしらインパクトを与えることをやりたい。そして、それを夢として持つのではなく、目標として叶えていきたい。そう感じる今日この頃でございます。

持続可能な農業について

こんにちは。
天候に左右される商売は大変です かわさき屋店主 川﨑です。

さて、今回は真面目な話。

農業生産人口の高齢化が議論されて久しいです。農業の現場が商売に直結するかわさき屋、現状の厳しさ、いやというほど感じています。以前も記事にしたと思いますが、正直、10年後、20年後の日本の食糧生産、このままでは、危機的な状況に陥ることは確実だと思います。

農業というのは本当に厳しい仕事です。日が昇る前から仕事をはじめ、深夜まで仕事をする。休みなく、年中農業に携わり、それでやっと飯が食えるような状況。といった生産者も珍しくありません。原因は簡単で、生産価格が安定せず、所得の向上が難しいからです。豊作になれば相場が下がり、いくら仕事をしても、資材代金を回収するのがやっとだったり。また、不作で相場が高くても、収量が低く、やはり所得が安定しない。頑張っても報われない親を見て、跡を継ぐ子供というのはなかなかいないでしょう。そういったことで、後継者不足に陥り、現状がある。という風に私は理解しています。

政府も6次産業化や補助金など、様々な対策をとっていますが、実際には効果は表れていないのが現状となっています。

持続可能な農業の構築のためには、やはり生産者が安定した収益を上げる体制を構築することが、難しく、でも確実な手段であると思います。某農業団体に頼る、昭和から続く農業を、いまだに実施しているようでは、正直先は見えないのではないでしょうか。

私も農業に携わる一員として、如何に生産者に対し、安定した状況を提供していくか。それと同時に、如何に消費者ニーズにあった商品を提供していくか。現在、それに沿った計画を構築中です。生産者、販売者、消費者が手を取り合い、食品生産現場を、安定して続けることができる環境を考えていきたいなと考えていくことが、私たち業者の使命なのではないかと考えています。

国や自治体、大きな団体に頼るだけでなく、自力でできる限りのことをやっていきたいと思います。

かわさき屋の経営と経営のスケールメリットについての考察

こんにちは。
久々にまじめなお話 かわさき屋店主 川﨑です。

弊社のメイン商材は切り干し大根。切り干し大根の取扱業者、県内外に多数ございます。最大手は言わずも知れたJA宮崎中央様ならびに宮崎経済連直販様の農協様。他にも、大小さまざまな集荷業者が宮崎県内に、販売業者が宮崎県内外にいらっしゃいます。そんな中、弊社は、集荷・販売業者として、他社様としのぎを削ってシェア争いを繰り広げています。

大体の推察ですが、本年度、弊社の原料占有率はおよそ3%程度です。(まだデータが出ていないので、あくまで予測です)農協全体で占有率およ35%、10~15%あれば大手となり、そういった会社は3~4社程度ですかね?あくまで予測からの数値ですが。上位4社でおおよそ8割を占める業界というわけです。ランチェスター理論からいけば、弊社はまだ勝負の土俵にすら立っていない状況という分析が可能です。

弊社は大手に淘汰されてしまうのか。経営4年目に突入して、意外とそんなことはないかな、という手ごたえを感じています。農作物の特殊性の一つに、買付の逆スケールメリットといったポイントがあります。通常、工業製品などでは、1個よりも10個、100個よりも10000個と、数が増えればそれだけ価格が下がっていきます。しかし、農作物はその逆になります。切り干し大根1~10t程度であればどうとでもなりますが、100tとかそういった数字になってくると、逆に、需給バランスの崩壊により、原料単価が上昇してしまう傾向が見られます。
薄く広い地域から集荷するとそういったデメリットはなくなりますし、現にそういった戦略をとっていらっしゃる企業様もあります。しかし、そうするには人・物のコストがかかり、結果短期的に見た場合、逆にコストがかかってしまうといった事態に陥ります。
買付に関する初期投資こそかかりますが、こういった点から、食品関連は、スケールメリットからくる新規参入が比較的容易な業界であると感じています。その代り、新規参入のためには、別の点デメリットも存在するのですが、それと、それに関する解決策はは企業秘密ということで。

以上、尻切れトンボな今回の真面目ブログでした。

意識高い系と揶揄される若者について。

こんにちは

意識高い系イクメン かわさき屋店主 川﨑です。

最近ネットで、意識高い系(笑)みたいな感じで揶揄される若者がいらっしゃるようですが、その人たちについて思うところが。なんとなくの感じですが、私が解釈する意識高い系(笑)の方々、目標や理想が高いものの、実力が伴っていない人たち、という風に解釈しています。人脈作りに精を出し、スタバあたりで勉強し、意識高い団体やイベントをやたらと開催。ソーシャルメディアではやけにそういった自分をアピールしているものの、結果はでていない。

僕思うんですけど、普通に優秀じゃないですか?

若者が結果でないの当たり前だと思います。何より経験不足。努力しようにも、何をどう努力していいのかわからない。そういった中で、もがきながらなんとか高い理想に追いついていこうとしているのが意識高い系(笑)と呼ばれる人たちなんじゃないかなと。当然、そういった自分に酔っているだけの人もいると思いますが、10年くらいしたら、多分普通の社会人になっているんじゃないでしょうかね。

積極的に活動し、もがき苦しみながら現実を知っていく。それでもあきらめなければ、素晴らしい結果を出し、きっと彼らも次の意識高い系(笑)若者の手本になるんじゃないかなと思います。いま彼らか積み上げている人脈や経験を、うまいこと活用する術を教えてあげられる、そんな大人になりたいなと思う今日この頃でございます。

農作物と工業製品の違い

こんにちは

切干大根生産のシーズンも終わりを迎えようとしていますね。 かわさき屋店主 川崎です。

さてさて、今回はタイトル通り、農作物と工業製品の違いを、皆様に対して言い訳のように述べてみようかと思います。これら2つを、わたくしたち業者側の視点から述べることにより。お客様方にも私たちの苦悩を分かち合っていただきたいなーと思います。

まず第一に、品質が不安定であること。

工業製品は、Aという物質5と Bという物質5 合わせるとCという物質が10 できる という方式があれば、だいたいいつでもどこにいても同等のものが作れます。ところが農作物、Dという種をまいて、Eという肥料をまく できてくるものの品質はバラバラです。理由は、品質に関わってくる要素が工業製品と違って圧倒的に安定していないからです。土の質や天候がその要因ですが、ほとんど条件の変わらないはずの同一圃場でも同じ品質のものはできません。極端な話、同じ株や同じ木になっているものでも品質が変わってきます。となると、供給者サイドとしては平均的に良いものを集める努力しかできないわけであります。

そしてもう一つ スケールメリットがあまりない。むしろデメリット。

工業製品だったとしたら、量目を買えば買うほど安価で入手できます。①工場稼働率の向上による原価償却率の向上 ②輸送費節約によるコスト上のメリットが生まれること ③原料購入に関しても安価で入手できます。しかし農作物はそうはいきません。例えば切干大根。弊社が前年度10tの取り扱いだったものが、新たな市場を開拓して今年度100tになったとします。そうすると、①と②に関するメリットの享受はありますが、③にかんしては、短期的視点で見ると圧倒的なデメリットとなってしまいます。供給量は限られてくるため、現在あるパイの取り合いになってしまい、逆に価格が高騰してしまう状況が生まれてしまうためです。そうすると、①と②で享受されたメリットを補って余りあるデメリットとなってしまいます。長期的には生産者が増えて安定すると思いますが、しばらくは消費者の方々には我慢していただく状況が続いてしまうと思います。

弊社といたしましては、安定した品質のものを、安定した価格で一年間通じて提供できる努力をしています。皆様にかわさき屋の商品を変わらず毎日ご提供できるよう尽力してまいる所存でございます。

かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。