かわさき屋店主の日記

【再掲】正社員募集のお知らせ(仕入れ・品質管理)

こんにちは。

応募がないので再掲します かわさき屋店主 川崎です。

さて、標記の件ですが、この度かわさき屋株式会社、人員を一名採用することになりました。概要は下記の通りとなります。

1. 応募方法 履歴書をご用意の上、電話およびメールにてお問い合わせください。ハローワークを通じての募集もやっていますので、そちらの方からの応募でも結構です。

電話番号 0985-30-7371 mail info@kawasakiya-aya.com

2. 募集期間 採用決定まで

3. 募集人数 1名

4. 募集職種 品質管理 切干大根の仕入や、原料管理がメインになります。また、袋詰め作業の管理などもやっていただきます。詳細は下記をご参照ください。

5. 待遇 以下の通りとなります

1)給与

大学卒 200,860 ~ 222,440円

短大・高専卒 168,320 ~ 194,222円

高校卒 166,000 ~ 182,620円(基本給)

2)諸手当 通勤手当

3)昇給 年1回 年次昇給あり 本年度年次昇給+1~2%のベースアップ実施

4)休日 日祭日 土曜日は12~2月は出勤 3~11月は休日 長期休暇 年3回

5)勤務時間 8:00 ~ 17:10 (休憩時間 70分)

6)福利厚生 健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険 年一回の健康診断

7)賞与 会社の業績を反映する形で年2回支給 昨年は合計2か月分の実績

8)試用期間 3か月の試用期間を設けます。その間の給与は、学歴別給与の最低額になります。

6. その他 切干大根の運搬などで、1.5t車・2t車と、マニュアルの軽トラックの運転があります。ATのみでも大丈夫ですが、MT優遇となります。

尚、採用の流れといたしましては、履歴書受取 → 書類審査 → 面接(1~2回) → 採用 といった形になります。

業務内容は大きく分けて、切干大根の仕入れと品質管理になります。品質管理は、パートタイム従業員の労務管理や、原料・資材の在庫管理が主です。パートタイム従業員のシフト管理などもお願いします。仕入れにつきましては、大体8~11月で生産者の皆様にお願いをして回り、12~3月上旬に仕入れるといった流れになります。切干大根の仕入れには2種類あり、生産者が持ち込んだものを、その場で計量して買い付けるものと、生産者宅に原料を取りに行くものがあります。後者に関しては、生産者の皆様から連絡をいただき、トラックで買い付けに行くような形になります。生産者とのコミュニケーションが、切干大根の仕入れには重要なファクターとなります。なお、先輩社員からのOJTがありますので、未経験者の方でも全く問題ありません。

残業については、弊社は基本的に平時はほとんどございません。ただ、シーズン中は非常に忙しいです。残業も12~2月は多く、月10~30時間くらいになります。また、休日出勤して、代休を取っていただくこともございます。なお、代休の取得実績は100%ですのでご安心ください。また、ダブルワークも、基本禁止はしていません。事前にお伝えいただければ、本業に差し支えない限りで許可いたします。また、弊社とかかわりのある食品関係などでのダブルワークでしたら、お互いにメリットがある点で会社として支援いたします。

長期休日についてですが、本年の実績として、GW9日間 夏季休日9日間 冬期休日5日間となっています。夏季休日につきましては、夏期は弊社の閑散期となりますので、今後充実させていきたいと考えています。対して、冬季は弊社の繁忙期になりますので、短めの休日となります。なお、長期休日に関しては、きっちり休日扱いで、有給消化などはございません。現在、弊社休日数は116日となっています。

従業員教育については、OJT+県が開催するセミナーに積極的に参加しています。資格取得に関しても、業務に関係ある分であれば会社から補助を出しますのでご相談ください。

かわさき屋は、開業して現在7期目、順調に成長しています。5期連続二桁成長を達成し、6期目も、昨対比110%程度の成長を達成いたしました。10期目までに売上高2倍を目標に、従業員一同、業務に励んでいます。新しいことにチャレンジしたい方にとっても、やりがいのある仕事の提供が可能であると考えています。また、事務所兼作業場を新築し、4月に移転予定です。新しい事務所で新しい仕事にチャレンジできますよ!

事務所移転を機に、かわさき屋は、地域商社として動きます。宮崎から全国へ、共に宮崎の食品を広げようとしている皆さんと協力して、宮崎をPRしていきます。宮崎と全国を繋ぐハブとして、かわさき屋は地域の発展に寄与していきます。

皆様のご応募、お待ちしています!!

世界を変えるのは僕だ

こんにちは

お隣に咲いている桜がきれい かわさき屋店主 川﨑です

タイトルから大きいことを言っていますが、何となく感じていることをつらつらと。名前の敬称が省かれているのはご容赦ください。

有史以来、世界を大きく動かすプレイヤーは、多分政治家でした。日本史を紐解くと、出てくる名前、ほぼ政治で国を大きく動かしてきた人たちばかり。藤原から始まり、平、源、足利…。戦国の世も、武将=政治家ですし、昭和の偉人といえば、私がぱっと思い浮かぶのは、佐藤栄作や吉田茂、田中角栄など、やはり政治家が日本を動かしています。世界史を見ても、宗教家が数名で、近代史なんかは、ほぼほぼ政治家の名前になってくるんじゃないでしょうか。

ところが、21世紀になると様相が違ってきているきがします。21世紀、世界を変えたのは、技術者 or 経営者。GAFAといわれる米国企業も、Google、Facebook、appleは、技術者が世界を変えている。個人的には、Amazonは、技術というより経営者が動かしているという印象。ちょっと前のMicrosoft社と合わせ、世界を動かすプレイヤー、政治家から、世界を股にかける個人が世界を変えていっている気が。日本も、ここ20年で人間の在りようを変えた人物って、小泉純一郎や安倍晋三よりも、孫正義や、柳井正、鈴木敏文あたりのほうが、圧倒的に人の在りようを変えていっている感がありますよね。

近年政治で話題になっていることといえば、日本はモリカケ問題。米国はロシアンゲート疑惑。英国はブレクジット問題と、なーんか、足の引っ張り合いばっかりやっている感じ。ドラスティックに世界を・人の在りようを変えるなんて、到底できそうにない。特に近年、世論が非常に強くなり、政治家はどうしても世論の平均値をとらなければいけません。革命的な行動で世界の在りようを変えるなんて到底無理。それに、世界の指導者、ほとんど60歳以上。日本の在りようを大きく変えた明治維新なんて、その立役者、ほぼほぼ30歳前後です。じゃあ、今の世の中で、30台前後のエネルギッシュな世代が、政治の世界で日本を変えるぞ!!と意気込んだところで、初当選が40台、大臣になれるころには60台で、世界を変えるどころか、自分の体調を維持するのが精いっぱいってオチ。

その点、技術や仕組みで世界を変えようと思えば、いくつからでもOK。ザッカーバーグなんて、2010年、彼が25歳の時に、すでにFacebook、形になってました。それをもとにしたSNSで、人のコミュニケーション、大きく変わってきてますよね。そしてベゾス。現在、帝国とも呼ばれるAmazon。これ、本当に世界の流通に革命を起こしつつあります。Amazon Go とか、日本に上陸したら、日本からコンビニ消えるんじゃないかな?他にも、ホールマート買収からのホールマートの使い方。これ、マジ日本のスーパー、ヤバいことになると思いますよ。

そんなこんなで、起業 → 世界に変革 という流れが、今後、人間の在り方を変える革命の主流になるんじゃないかというのが私の持論。政治で世界を変えるのは、もはや時代遅れ。これからの世代で世界を変えようとする人たちって、こぞって起業していくべき!!

ただ、私に世界を変える力は、正直あるとは思いません。しかし、綾町、あわよくば、宮崎県を変えるくらいの仕事ができればいいなーと思いつつ、日々の業務に励んでまいりたいと思います!

かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。