かわさき屋店主の日記

意図せずに嘘をついていた話

こんにちは

盛者必衰を実感 かわさき屋店主 川﨑です。

最近、色々な豆知識に興味を持ってきた、小学校五年生の長男。私も、できる限りの知識を動員して、彼の知識欲を満たそうと対応します。日本の気象に関する話にも興味を持った彼。私はすかさず、営業トークにも用いる知識を披露。『宮崎県は、全国有数の日照時間と降水量がある県なんだよ』。

はい、これ、嘘でした。

正確に言えば、ここ10年で、日照時間のランキング、結構変わってきています。

https://ecitizen.jp/ssds/Indicators/_B02401

以上のリンクを参考にすると、2005年くらいまでは、確かに宮崎県の日照時間、全国トップクラスです。若干上下するものの、概ねトップ3に入っていました。ところが、2010年と2015年のデータを見ると、なんとどちらも19位。平均よりちょい上くらいまでランキングが落ちています。逆にランキングが上がっているのが、愛知や静岡などの東海地方ですかね。宮城県なんか、1990年には40位だったのが、なんと2015年には7位に上昇。あとは、瀬戸内の県がいくつかランキング変動している感じ。なお宮崎県、2017年では20位にランクイン。宮城県もランキング7位と高いまま。このトレンド、一時的なものではなく、結構固定化されてきているかも。

https://ecitizen.jp/Ssds/Indicators/_B02402

なお、こちらは降水量のデータ。降水量は変わらず、宮崎県は全国トップクラス。変化が見られるのは、新潟県と秋田県の降水量がやけに少なくなっているくらいかな。でも、正直日照時間ほどインパクトはないかも。宮崎のランキングがあまり変わらないからかもしれませんが。異常気象やら、天候不順やら、最近ワーワーいうとりますけど、宮崎県、結構ダイレクトに気候変動の影響を受けている模様。

先日ブログでお知らせしました、切干大根の生産量に関するデータも、ここ10年くらいで劇的に変化しています。以前は2,500~3,500t/年 くらいの生産量だったのが、近年は2,000t/年 程度。この辺の情報のアップデートができていないと、かなり痛い目を見ると実感します。特に自分に関わる分野での情報のアップデートの必要性、感じた件でした。

かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。