かわさき屋店主の日記

大相撲秋場所雑感

こんにちは

秋場所中、色々なことありましたが無事終了 かわさき屋店主 川﨑です。

さて、横綱大関不調の中行われました秋場所。振り返ってみたいと思います。

1. 優勝争い

最後までもつれた優勝争い。目まぐるしくトップが入れ替わる中で、最後に賜杯を抱いたのは、二度目の優勝関脇御嶽海。鋭い出足からの突き押し相撲で、見事12勝での優勝でした。12勝での優勝、レベルが低いとかいう解説者いますが、白鵬・朝青龍以前は普通にあった成績。私は十分立派だと思うんですがね。豪栄道相手に変化があったりと、その辺も物議をかもしていましたが、まぁ、そこらへんも含めて御嶽海の魅力なんじゃないでしょうか。今場所が御嶽海、大関昇進の起点になるとの報道が。先場所9勝だったことを考えると、来場所11勝で大関昇進が見えてくるところですが、どうなんでしょうかね。

2. 貴景勝

いやー、今場所一番良かったの、実は貴景勝だったんじゃないですか。実は私、絶対二桁勝てないと思っていました。蓋を開けてみれば、初日からいつもの貴景勝。下からの突き押しが威力十分で、電車道の相撲もいくつか見受けられました。千代大龍の変化に落ちたのは残念でしたが、その他の負けた二番も、まあしゃーなし。完全ふっ長で、来場所から大関復帰。次は横綱目指して頑張ってほしいものです…。といけばよかったんですが。優勝決定戦後、胸を痛がる貴景勝。報道では、大胸筋断裂らしいです。これ、稀勢の里や、柔道全日本監督の井上康生さんとと同じ怪我。押すときに使う筋肉って、胸の筋肉なんですよね。突き押しが身上の貴景勝にとって、この怪我は致命傷になる可能性も。というか、相当ヤバい怪我です。今のスポーツ医学がよくわからないんですが、無事回復してくれるといいんですが…。

3. その他幕内

ベテランの隠岐の海が11勝というのは特筆すべきですが、期待の若手がいい成績残していたのも好材料ですね。朝乃山が10勝をはじめ、上位総当たりで阿炎・北勝富士が勝ち越し。下のほうはイマイチパッとしませんが、このあたりの力士がもう少し伸びてくれれば、世代交代も一気に進むんじゃないでしょうか。これらの力士+阿武咲が頑張ってくれれば、横綱大関の顔ぶれもだいぶ変わってくると思います。今場所の横綱大関、豪栄道のみが何とか仕事した感じ。白鵬はじめ、今の横綱大関を力で引きずりおろす若手の台頭が望まれます。

4. 十両

新十両の琴の若、途中までは良かったんですが、後半失速しましたね。21歳と非常に若く、また、お父さんは元関脇琴の若。おじいちゃんはもと横綱琴櫻と、血筋的にも期待できます。お父さん越え、そしておじいちゃん越え目指して頑張ってほしいものです。それと、貴乃富士の不祥事もあり、多分来場所、十両の枠が5つくらい空くと予想しています。そうなってくると、多分琴手計と豊昇龍あたりも新十両に引っかかってくる可能性が。どちらも昨年高校を卒業したばかりの期待の若手。多分、十両昇進までのスピード、朝青龍に並んだんじゃないでしょうか。この二人に水をあけられたものの、10枚目で勝ち越した納谷と15枚目で勝ち越した塚原。この4人、本当に楽しみです。個人的に十両の見どころが増えてたんじゃないかなと思っています。

以上。特に貴景勝のケガが心配ですが、何とか持ちこたえてほしいものです。というわけで、来場所も楽しみにしたいと思います!

かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。