かわさき屋店主の日記

意図せずに嘘をついていた話

こんにちは

盛者必衰を実感 かわさき屋店主 川﨑です。

最近、色々な豆知識に興味を持ってきた、小学校五年生の長男。私も、できる限りの知識を動員して、彼の知識欲を満たそうと対応します。日本の気象に関する話にも興味を持った彼。私はすかさず、営業トークにも用いる知識を披露。『宮崎県は、全国有数の日照時間と降水量がある県なんだよ』。

はい、これ、嘘でした。

正確に言えば、ここ10年で、日照時間のランキング、結構変わってきています。

https://ecitizen.jp/ssds/Indicators/_B02401

以上のリンクを参考にすると、2005年くらいまでは、確かに宮崎県の日照時間、全国トップクラスです。若干上下するものの、概ねトップ3に入っていました。ところが、2010年と2015年のデータを見ると、なんとどちらも19位。平均よりちょい上くらいまでランキングが落ちています。逆にランキングが上がっているのが、愛知や静岡などの東海地方ですかね。宮城県なんか、1990年には40位だったのが、なんと2015年には7位に上昇。あとは、瀬戸内の県がいくつかランキング変動している感じ。なお宮崎県、2017年では20位にランクイン。宮城県もランキング7位と高いまま。このトレンド、一時的なものではなく、結構固定化されてきているかも。

https://ecitizen.jp/Ssds/Indicators/_B02402

なお、こちらは降水量のデータ。降水量は変わらず、宮崎県は全国トップクラス。変化が見られるのは、新潟県と秋田県の降水量がやけに少なくなっているくらいかな。でも、正直日照時間ほどインパクトはないかも。宮崎のランキングがあまり変わらないからかもしれませんが。異常気象やら、天候不順やら、最近ワーワーいうとりますけど、宮崎県、結構ダイレクトに気候変動の影響を受けている模様。

先日ブログでお知らせしました、切干大根の生産量に関するデータも、ここ10年くらいで劇的に変化しています。以前は2,500~3,500t/年 くらいの生産量だったのが、近年は2,000t/年 程度。この辺の情報のアップデートができていないと、かなり痛い目を見ると実感します。特に自分に関わる分野での情報のアップデートの必要性、感じた件でした。

平成29年度切干大根作柄について

こんにちは

状況把握は重要 かわさき屋店主 川﨑です。

さて、標記の件。現在、かわさき屋で出荷している切干大根は、つい先ほどの12~3月で収穫されたもの。つまりは、平成30年度収穫の切干大根です。宮崎県は、収穫があった翌々年に、その年の面積・総収穫量の統計を出します。というわけで、直近三カ年の切干大根の終了と、収穫面積のデータ、ならびに、今後の傾向を推察してみたいと思います。

平成27年度 404ha 1,764t 850円/㎏

平成28年度  397ha 2,249t 1,050円/㎏

平成29年度 395ha 1,804t 940円/㎏

以上が、宮崎県の統計データになります。㎏あたりの価格については、川崎がなんとなーく実感した、生産者直接買い取りに平均金額(参考値)だと思っていただければ。平成27年度は、全体的に高温多雨で、大根はそれなりでしたが、シーズン中に切干大根への加工ができなかった年。平成28年度は、9月10月に大きな台風が来たものの、11月天気が良かった年。平成29年度は、28年度同様、秋に台風が来た上、かなり寒く、大根が大きくならなかった年。

平成29年度、概ね450㎏/10a と、ちょい不作程度の作柄だったのかなと感じます。確か、11月から低温+冷たい風が吹きまくり、量はともかく、質は非常に高い切干大根が取れた年になったと感じました。大根の作柄の割に、そこまで収穫量が壊滅的にならなかったのは、おそらく、冬の天気が良く、大根をほとんど切干大根に加工できたからではないかと思います。多分、大根が大きくなるかどうかより、冬に乾いた西風がしっかり吹くかどうかが、作柄の良しあしに関わる重要なファクターじゃないかなと。

そして重要なのは、ここ3年間、生産面積が微減で済んでいること。多分、平成30年度もほぼ同等の耕作面積だと思います。最大要因は、切干大根が稼げる作物になってきているから。10年くらい前までは、20万円/10a 稼げれば御の字というのが、切干大根瀬さんに対する、生産者の皆様の認識だったのではと思います。ところが現在、特にここ4年、計算値による推測で、売上高35万円/10a を下回ることはほぼありません。じゃあ逆になぜ、切干大根の生産農家は増えないのか。それはもちろん、農業人口の減少が最大要因です。そして、切干大根自体、生産が非常に大変な作物だから。

ただ、確実に言えることは、皆様が美味しく召し上がってくださるからこそ、切干大根生産者も、再生産可能なレベルでの生産ができています。そしてきっと、この路線を継続することができれば、後継問題も少しずつ解決していくのではないかと期待もしています。

切干大根だけでなく、その他色々な農作物について、生産現場と消費の現場を繋げる役割を、かわさき屋、になっていると自負しています。農業生産の持続的な発展を維持していき、ひいては、地元宮崎の発展に繋げていく。今後もそんな仕事をしていきたいと思います。

大相撲夏場所予想

こんにちは

令和最初の大相撲 かわさき屋店主 川﨑です。

さて、元号変わって初の本場所。平成最後の本場所は、大横綱白鵬が全勝優勝。見事に平成を締めました。令和最初を飾るのは一体どの力士か。また、見どころはどこか。いくつかピックアップしてみたいと思います。

1. 優勝争い

白鵬 → 腕のケガ 鶴竜 → いつも後半息切れ 豪栄道 → 左に同じ 高安 → 腰に不安 貴景勝 → 新大関のジンクスにのまれそう ということで、悪い意味で予想が難しい場所です。横審の稽古総見では、鶴竜と豪栄道、結構よかったみたいなんです。ただ、豪栄道は稽古場で強いけど本場所でこける力士。鶴竜も序盤は良くても終盤失速しがち。白鵬は今場所は難しいでしょうね。敢えて横綱大関の中から上げるとすれば、本命高安、対抗貴景勝でしょうか。関脇以下を見てみると、注目はやはり東西の関脇。先場所14勝で大活躍の逸ノ城。幕内に上がってきたばかりの時とは違い、幕内でしっかり実力つけてきています。貴景勝に先を越されましたが、大関昇進の足掛かりを作れるのか。また、西の関脇栃ノ心。今場所二桁勝てれば大関復帰。ただ、大関昇進後、5場所で陥落。二桁勝つどころか、勝ち越したのが二場所だけという現状を見ると、ちと厳しいかな…。

2. 注目力士

そろって低迷している若手大卒力士陣。御嶽海は最近怪我の影響かな。負け越しがちらほらと。三役・幕内上位は定着しているもののなかなか大勝ちできない。稽古不足が指摘されていますが、なかなかそれも改善されていない模様。北勝富士は本当にあと一歩が足りない。差せる相撲も取れれば少しは違ってくると思うんですが。正代は典型的なエレベーター力士になってしまった印象。朝の山は上位に行ける顔じゃなし。豊山は問題外に。中卒高卒たたき上げをみると、阿炎は元気なんですが、阿武咲が心配。器としては差せる分、貴景勝より上かと思っているんですが、下半身のケガに悩まされていますね。今場所は奮起を期待したいところ。

3. 幕下

琴鎌谷が東二枚目、豊昇龍が西四枚目。今場所勝ち越せば関取も十分狙える位置に。特に豊昇龍、私、個人的には次代の横綱の最有力候補だと思っています。そして、琴手計・納谷も真ん中より上の位置に。最近、十両よりもこっちに注目しがちになっている自分がいます。来年か再来年、彼らが幕内で暴れる様子を期待しながら、ちょっと注目していきたいと思います。

以上。かわさき的見どころはこんな感じ。

令和も大相撲、楽しんでまいりましょう!!

中途採用募集終了のお知らせ

こんにちは

標記の件ご連絡致します かわさき屋店主 川﨑です。

今回、品質管理ならびにフードコンサルタント・パートタイム従業員の募集を行っていましたが、応募者多数により、募集を締め切らせていただきます。

今回は、総数3名ないし4名の採用を予定していましたが、今回、非常に多数の応募をいただきました。応募者の皆様には、当社基準の審査の上、遅くとも5月17日までには結果を発送いたします。応募者の皆様、それぞれ素晴らしい方ばかりでしたが、如何せん当社の受け入れ枠にも限度があり、全員採用するということは難しい状況となっています。当方といたしましては、弊社にとってベストな選択となるよう、応募者各位の能力だけでなく、弊社の短期的な状況や、長期的な計画を加味したうえでの審査を行います。ご納得頂けないような結果となることもあるかと思いますが、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

今後も、かわさき屋を発展させていき、地域のためになるような存在になっていきたいと思います。皆様、今後ともどうぞよろしくお願いします。

元号がかわりました

こんにちは

ありがとう平成 こんにちは令和 かわさき屋店主 川﨑です。

私にとっての平成31年間、振り返ると、すごく充実していたなという実感。

川崎勇樹9歳で幕を開けた平成。一桁は小学校から大学入学くらいまで。アホのように柔道に打ち込んだ小中学校。カラオケ三昧の高校三年間。そして大学入学。この間、未だに続く多くの友人たちとの出会いがありました。

平成10年代。酒浸りの大学4年間。最初の就職で、会社に迷惑かけまくった広島・新潟時代。その後、宮崎にUターンして、非常に充実した仕事をこなしました。私生活では結婚と長子の誕生。仕事では、落ちこぼれの私を見捨てることなく指導してくれた最初の上司と、酒造会社で、未熟な私に仕事を任せてくれた上司のおかげで、ビジネスマンとしての基礎力を身につけさせてもらったと感じています。

平成20年代から平成31年。プライベートでは家族がさらに2人増え、そして祖父母と父を亡くすというイベント。子供を3人育てるということの大変さと喜び。人生はいつか終わるということを、強く実感した出来事でもありました。仕事では、農業法人を経て独立。かわさき屋を運営開始。20代のころに感じた、地元宮崎の素晴らしさと、地元宮崎に感じる理不尽。地元発展に尽くすという想いと、欲にまみれた野心がごっちゃになっての運営。想定以上にうまくいき、有頂天になったかと思えば、信じられないような失敗をやらかし、奈落に落ちるような絶望を味わうということの繰り返し。そういった中で、当初思い描いていた、宮崎の発展のために何ができるかといったことの答えが、朧気ながら見えてきたところで、新しい時代、令和を迎えました。

私川崎、地元の発展のために、という言葉、ちょくちょくブログで書くようにしています。これは、会社のPRであると同時に、売上向上だけに目を向けそうな自分に、最初の志を思い返させるため。そして、『こいつ言ってることとやってることが違うぞ!!』と思われない様、当初の理想を追い求めるために自分を追い込むという理由があります。初志貫徹で、令和という時代を、かわさき屋、全力で駆けていきたいと思います。10年後、20年後、立ち止まって自社を俯瞰したとき、少しでも理想の形に近づけるよう、むしろ、想像よりもはるか上に行けるよう、かわさき屋を成長させてまいります。

かわさき屋に関わる全ての皆様、どうぞ令和も、かわさき屋をよろしくお願いいたします。

かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。