店主の日記
  • かわさき屋はなぜ新卒採用をするのか

    こんにちは。
    初夏の風が心地よいですね かわさき屋店主 川﨑です。

    さて、表題の件。
    かわさき屋、泣く子も黙る中小企業です。いや、正社員数4名というのを考慮すると、中小企業というのもおこがましい、零細企業なのかもしれません。
    そんなかわさき屋、なぜ即戦力といわれる既卒採用のみでなく、新卒採用にチャレンジしているのか。主な理由は3つです。

    1.会社に新しい刺激を取り入れる
    私川崎、今月41歳になりました。まだまだ分かつもりではいますが、やはり、現代の流れになかなかついていけていないと実感することが多々あります。特に、SNSや動画を使ったマーケティングやモバイル機器の導入、コロナ禍で注目されている、ITツールの導入など、このままだと時代に取り残されると感じることが多々あります。また、本末転倒になりますが、若手社員の採用なども、私のセンスでは多分ムリ。
    若いってのはそれだけで優秀です。例えば、私が若かったころの管理職は、多くがキーボードを人差し指で打つようなIT音痴。対して、私ら新卒は、学校ですでにそういった機器の使用法、覚えています。そんな感じで、今どきの若者は超デジタルネイティブ。モバイル機器を使いこなし、わけのわからん言葉で話をしていたり。当然のごとく、新しいツールもすぐに取り入れ、使いこなしてしまいます。私も今どきの若いもんに仕事で負ける気はしませんが、それはそれこれはこれ。やはり若い人の優れている感覚を取り入れつつ、ベテランの経験をエッセンスに業務を遂行していく。そうすることにより、変化に強い組織を作っていく狙いがあります。
    また、継続的に採用することで、先輩社員に責任感を持ってもらいつつ、成長を促していきたいなということも少し考えています。

    2.地域貢献
    かわさき屋、【地域の発展を、かわさき屋から】を理念に業務を行っています。逆に考えると、地域の衰退の象徴って何でしょうか。やはり、都市部への人口流出を基にする人口減なんじゃないかなって思います。なぜ若者は都市に出ていくのか。その理由はいろいろあるとは思いますが、一つの大きい要因として、働く場所の有無ではないでしょうか。私が新卒の時、宮崎で職を探せなかったこと。28歳の時、宮崎でまともな給与がもらえる職を見つけられなかったこと。そういった若者を少しでも減らすことができれば、かわさき屋の存在価値、少しは出てくるんじゃないでしょうか。そして、彼らが生活の基盤を持ち、家庭を築いていく。その連続で、地域の生活インフラとして、かわさき屋が存在し続けていければいいなと思っています。
    また、そんなこんなで、うちが儲かる会社になれば、弊社をベンチマークにする中小企業も出てくるかもしれません。そうなってくれば、より地域に貢献する会社って感じになっていくんじゃないでしょうか。

    3.何となく
    いや、すっごい適当な理由ですが、本当にこれもあるんですよ。
    ビジネス本とか、新卒を継続的に採用している会社の社長さんとかの話聞くと、『新卒採用し続けていくことで会社が変わっていった。』おいうご意見を聞くことが多々あります。
    こればっかりはちょっとやってみらんとわからん!ということで、私なりのチャレンジの一つですね。

    新卒採用ということは、彼らの社会人人生の始まりに責任を持つということ。そして、彼らのライフステージも担う覚悟を持つということ。
    ってな感じで、一つの思いチャレンジとして、会社としては捉えています。より良い会社にできるよう、一つ、覚悟をもって頑張ってまいります!

    コロナ後の世界について、小さく考えてみる

    こんにちは。
    相変わらず自粛生活がつづいていますね かわさき屋店主 川﨑です。

    コロナウィルス問題、日本で深刻化してきたのが3月半ばくらいからであると考えると、もう2か月が過ぎようとしています。かわさき屋があります宮崎県、比較的感染者数が少ない地域ではあります。4月11日を最後に新規感染者は出ておらず、17名で感染が止まっています。実は、1月以上新規感染者が出ていないんです。じゃあ、結構のんびり構えているかといえば、そんなことはないです。飲食や観光、イベント関連は自粛ムードが続いています。特に数字に出ているところでは、飲食店は客数が激減。宮崎一の繁華街、通称【ニチタチ】も、1割超の店が閉店を選んだということです。また、観光需要やイベント需要も壊滅ということで、多分、他県と違わず、相当な影響が出ていると感じています。

    一般の生活も大きく変化していますが、経営環境も激変しています。一部業界は非常に活況ですが、ほとんどの業界が苦境に喘いでいる様を耳にします。
    先日も、私が所属しています経営者団体、中小企業家同友会にて、今回のコロナ禍を受けての経営体質転換についての勉強会的な会議がありました。
    業界や業態に応じて影響の有無がありましたが、私が感じた共通事項が、徹底的な効率化による経費の見直しと、業務のIT化、そして、コロナ後を見据えた攻め手の検討の必要性です。

    コロナ禍で、弊社の支出に一番影響が出ている項目が、旅費交通費です。都市部を中心に営業を展開していることもあり、月に1・2回は営業に出ていました。それが、3月から訪問による営業活動をストップし、既存のお客様に対する電話での対応のみで営業しています。弊社の営業のうち、新規顧客開拓は、基本的には 展示会にて名刺交換 → メールにてアプローチ → 脈あれば訪問 という形をとっています。また、既存のお客様からの新規案件についても、訪問して打ち合わせすることが多いです。ところが現在、展示会が開催されないため、新規案件獲得ができない状況になっています。というか、やり方がわからないといったほうがいいでしょうね。

    昨今、特に感じているのが、SNSなどのITツール活用が非常に進んでいるということです。特に、ZOOM会議やオンライン飲み会などの活用が非常に盛んになっています。また、新卒採用に関しても、オンライン合同会社説明会が各所で開催されています。正直、これらのツール、弊社では活用しきれていないのが現状です。これらのツールを使用し、結果を出していく。その為にはどういった活用をしていくのか。また、広報活動にしても、You Tube みたいなツールもあります。これらのツールを活用し、内向きにコミュニケーションではなく、新規獲得や新商品のPRなどに繋げていくにはどうすればよいのかを、これを機に検討していかなければと考えています。幸い、弊社にはデジタルネイティブ世代が多く、特にSNSを活用する世代が数名在籍しています。彼らの知見と、私の経験を合わせて、成果の出るIT戦略を構築していきたいと考えています。

    強い生物ではなく、変化に対応できる生物が生き残る。

    コロナ禍で、社会は間違いなく激変していくでしょう。その波にのり、より会社を、そいて地域を力強く発展させていきたいと思います!!

    かわさき屋 1日インターンシップ開催のお知らせ(予定)

    こんにちは。
    新卒の採用活動についてのお知らせです かわさき屋店主 川﨑です。

    さて、表題の件につきまして、イベントの概要と、現在の計画をお知らせいたします。
    かわさき屋、今年4月卒業生の新卒採用を実施いたしました。当面は、継続的に新卒を毎年採用していく計画を立てています。そして、来年3月卒業予定の新卒採用も、もちろん行う予定です。
    今年は残念なことに、会社説明会の開催が、全国的にほぼ中止となっています。当社においても、先日、宮崎大学地域資源創成学部が開催してくださった、【みやざきオンラインクロストーク】に参加させていただき、多数の学生さんたちに話を聞いていただくことができました。ただ、その他参加予定だった、中小企業家同友会・宮崎大学・職業安定所で開催予定の説明会に参加予定に関しては中止になってしまいました。もっと多くの学生さんたちに弊社のことを知っていただきたかっただけに、少し残念です。

    今回は、オンラインクロストークで弊社の話を聞いてくださった学生さん方だけでなく、様々な方に、よりかわさき屋のことを知っていただくために、一日インターンシップを開催したいと考えています。内容といたしましては、【フードコンサルタント】って仕事、どんな感じのことするの?とか、実際にかわさき屋に入社したら、どんな仕事をしていくの?とかを、駆け足で体感していただけるイベントにしたいと思っています。また、弊社の若手社員、新入社員との交流の時間も作る予定です。入る前と入ってからのギャップや、仕事のやりがい、その他、色々なことを聞けるかと思います。

    下記の日程で開催予定ですが、如何せんコロナウィルス関連の、世間の動きもあり、予定通り開催できるかは不透明なところもございます。
    参加希望の方は、下記アドレスにお問い合わせいただければと思います。
    また、採用試験のほうは、8月を予定しています。そちらに関しましても、確定次第HPや弊社SNSなどでご案内してまいります。
    なお、開催の目安といたしましては、政府専門家会議が示す、感染未確認地域であることを条件としたいと考えています。

    皆様のお問い合わせ、ご参加を、心よりお待ちしております。

    かわさき屋 1日インターンシップ
    日程 6月8~10日 (3日開催。希望日に参加でOKです)
    場所 かわさき屋社屋
    時間 9:00 ~ 16:00
    必要なもの 筆記用具 + 昼食 
    服装 においの強い場所で作業することもあります。汚れやにおいがついて大丈夫な服装でお願いいたします。スーツはNGです。
    担当 川﨑  ad kawasakiya-kawasaki@muse.ocn.ne.jp
    電話 0985-30-7371

    宮崎オンラインクロストーク 参加します

    こんにちは
    今年は学生さん就活たいへんですね かわさき屋店主 川﨑です

    本日開催の、みやざきオンラインクロストーク、弊社も参加いたします。
    当日の告知になり申し訳ございませんが、参加される方、是非うちの話も聞いてあげてください!

    本日お話しする内容ですが、かわさき屋のこととか、もしうちに入ってくれた時、どういった仕事をするの?とか、当社で働く宮崎大学OBの話とか、そういった内容の話をさせていただく予定です。話相手の顔がみえない中での説明ということで、ちょっと不安もありますが、その辺大目に見てお話を聞いてくれればありがたいです。

    また、最後にお話ししますが、かわさき屋、就労体験も兼ねた1日インターンシップを実施する予定です。
    このイベント、狙いは、かわさき屋に入ってくれることになったときに、『思ってたのと違う』といった、求職者と採用者間に起こりがちなミスマッチをなくすための取組になります。
    実際、応募する職種は『フードコンサルタント』となっていますが、実際どんな取り組みするのか不安もあるかと思います。また、製造の現場でお手伝いをしていただくこともありますので、体験せずに入社したときに起こりがちな、『そんな仕事するために入社したんじゃない!!』といった不満を事前に解消できればと思っています。

    ただ、このご時世、なかなか開催が難しいのも現状あります。
    ある程度収まったら、その時にいつ一日インターンシップを開催するかを、改めて通知させていただきたいと思います。ちなみに、できるだけ早くやりたいと思っていますが、今は6月~8月の間で考えています。通知を希望される方は、下記のアドレスにご連絡ください。ご連絡いただいたからといって、参加を強要するものではございません。ちょっと興味がある、といったくらいでも、遠慮なくお申し込みください。タイトルに、【1日インターンシップ希望】と書いてくださると、見落としがなくなるのでありがたいです。もちろん、クロストーク参加されていない方の応募も大歓迎です!
    皆様のご応募、お待ちしています!!

    kawasakiya-kawasaki@muse.ocn.ne.jp
    かわさき屋株式会社 代表取締役 川崎宛アドレスです。

    大相撲大阪場所雑感

    こんにちは
    無観客興行は寂しい かわさき屋店主 川﨑です。

    さて、21世紀初、無観客での大相撲興行。悪い意味で歴史に残ってしまった今場所の総括をやってみたいと思います。

    1. 優勝 白鵬
    千秋楽、横綱同士の相星決戦。本当だったら時間いっぱいで大きな歓声に包まれるような一番でしたね。
    相撲内容も、攻防が繰り返される、非常に見ごたえのある一番でした。それにしても白鵬、毎場所の活躍は、体力的な問題からかもう厳しいですが、休み休みだとまだ行けそうですね。しかし、正直この結果、非常に不満。20代中盤の若手が不甲斐なさすぎる。確か、白鵬・鶴竜の皆勤した場所、全部優勝この二人にかっさらわれているような。いい加減、どちらも30代中盤。良い方悪いが、ピークとっくに過ぎたロートルです。貴景勝にいたっては負け越し。朝乃山、御嶽海も失速。北勝富士は大負け。先場所に引き続き、若手の不甲斐なさが目に付いた15日間に思えました。

    2. 朝乃山 大関昇進
    事前の記事を書いていなかったので信用できないかもしれませんが、朝乃山の昇進確立、高安とか貴景勝が大関とった時くらい可能性高いと思っていました。直近3場所で32勝と、一般的な目安には届かなかったものの、その前の場所でも上位総当たりで2桁勝利。以前に幕内最高優勝を経していたところを加味すると、まぁ、昇進は妥当だと思います。朝乃山、今どきの若手には珍しい、きっちり四つに組んで相撲が取れるタイプです。えてしてこのタイプ、押し相撲のタイプより安定感があります。期待されている若手の多くは押し相撲。大関貴景勝も例外ではありません。しかし、押し相撲で横綱になった力士といったら、まぁ、あえて言うなら曙くらいでしょうか。朝乃山には優勝したときのような爆発力もありますので、これから、大関でも活躍してほしいですね。

    3. 若手の台頭
    幕尻の琴の若、見事9勝で勝ち越し。新入幕、22歳で勝ち越しは、まぁまぁ褒められるべき成績でしょう。同部屋の琴勝峰に至っては、20歳で十両優勝。この二人、期待できそうな理由として、どちらも四つで相撲が取れる点が挙げられます。どちらも高卒で角界入りした力士。一時期は琴奨菊・琴欧州の二人を擁した名門佐渡嶽部屋に所属。琴奨菊が落ちていき、一時期琴恵光と関取が二人だけの時期もありましたが、流石は名門ですね。来場所は琴大豪も十両入り確実ですので、一挙関取が5人。何がいいかって、やはり、二人とも四つ相撲が取れるのがいい。個人的には琴勝峰、将来の横綱候補といってもいいんじゃないかなと。幕下で琴手計の四股名の時から注目してきましたが、今後が本当に楽しみ。豊昇龍は十両がやっと最近板についてきたところ。納谷と塚原は、幕下上位で足踏み中。ただ、この年代、一つのきっかけで一気に化けることもあります。願わくば、来年のこの場所は、4人とも幕の内で相撲が見てみたいですね。

    以上。夏場所は通常開催ができることを祈りつつ、来場所を楽しみにしたいと思います。