かわさき屋店主の日記

大相撲秋場所予想

こんにちは。

朝晩すずしくなってきましたね かわさき屋店主 川﨑です。

さて、大相撲秋場所開幕いたしました。今場所は、3横綱が休場ということで、盛り上がりに欠ける場所になってしまっています。それでも、というか、だからこそ若手力士にはチャンスも増えます。そんな秋場所、川﨑なりの見どころをチェックしてみました。

1. 優勝争い

初日終わっての予想になりますが、正直、初日前までは日馬富士・照ノ富士の、伊勢ケ浜部屋同士の争いになると予想していました。ふたを開けてみると、初日照ノ富士惨敗。事前報道では、ひざの状態が良いといわれていただけに、本日からの相撲に注目したいです。高安に関しては、昇進場所の注目から逃れ、相撲に集中できる環境の中で迎えた秋場所になります。期待値ではナンバーワンだと思いますが、取りこぼしなく終盤を迎えることができるかに疑問符が。関脇以下の力士で、優勝に絡めそうな地力を持っている力士、軒並み黒星発進なんですよねー。誰も優勝できそうにないという、悪い意味で予想が難しい場所になりそうです。

2. 阿武咲

今大関に一番近い力士、御嶽海はもちろんですが、上位総当たりの場所に初めて登場した阿武咲、注目ですね。思い切りのよい強いあたりから、一気の突き押しが彼の持ち味。初日、格上の御嶽海を倒したことで、俄然注目を集めました。場所前の稽古でも、高安と分の良い三番げいこをしたという報道もあります。彼が上位初挑戦の場所でどれだけ勝てるか。仮に二けた勝つようなことがあれば、今後の相撲界、彼中心に動くこともあり得るのではと思います。

3. 注目力士

以前から挙げている、時代の注目力士。上に挙げた二人に加え、北勝富士・貴景勝・正代・宇良・輝。特に、輝以外の4人は、ここ数場所で急激に番付を駆け上がっています。ということで、そろそろ魑魅魍魎蠢く幕内上位の力士からの研究対策が進んでくるころ。それの餌食になったのが、今、前頭中盤で足踏みしている逸ノ城です。私個人として、先ほど挙げた二人に加え、貴景勝・正代が大関候補と思っているのですが、正代は初日、宇良に完敗。今年一年で、三役定着できた力士が、大関レース生き残りになると思っているのですが、果たして。あと、今場所大勝ちしそうなのが、返り入幕の豊山と、新入幕の朝ノ山。上7人に対して若干出遅れた感はありますが、彼らも力がありそうな力士。三賞レースに顔を出しそうな予感がします。

以上、今場所の見どころです。一気に世代交代が進みそうな雰囲気を醸し出している相撲界。目まぐるしく番付が変わっておりますので、今場所は今場所なりに楽しめそうです。皆様も是非楽しんでください!!

コメント





かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。