かわさき屋店主の日記

新商品(ラスク)開発中です

こんにちは

台風の進路が心配 かわさき屋店主 川﨑です。

日本近海で915hPaの超強力台風。どうやら、関東で凄まじくヤバみを感じます。千葉の復興も終わっていないのに、前回の台風よりも強力 + 大型な奴襲来な予感。なんともないということは決してないような感じがしますので、関東近辺もしくは東北の方々は、是非とも万全の態勢を整えていただきたいと思います。

さて標記の件。現在かわさき屋、宮崎市は新名爪のパン屋『リビエール』様と共同で商品開発を行っております。コンセプトは、『地元素材にこだわった おつまみにちょうどいいラスク』というもの。名称やフレーバーも徐々に固まってきており、2月の商品化に向け、商品開発および生産ラインの構築を順調に進めています。とりあえずの目標としては、試作品の段階ではありますが、来月福岡市にて開催されるFOOD STYLE 2019 in Fukuoka にてご紹介させていただければと考えています。

かわさき屋、現在、切干大根中心に事業を構築しています。その取り組みを継続しつつ、新しいジャンルへ挑戦している最中です。地域商社を標榜しようとしているかわさき屋。まだ正式に決定してはいませんが、事業コンセプトを、『生産者の夢をかなえるお手伝い』にしていきたいと考えています。全国に商品を売り出したい。でも、営業に行けない。販路がない。商品デザインの仕方がわからない。そんな生産者のお手伝いをやっていける会社を目指しています。今回は、リビエール様の夢をかなえるお手伝い。

ちなみに、この『リビエール』ってパン屋、個人的に所縁の深いお店。私の母校、宮崎県立宮崎北高校に、お昼ご飯のパンを売りに来ていたお店。そして、そのお店の二代目が、私の高校・大学の同級生。というわけで、開発にも力が入るってもんです。

新宿の物産館『konne』に売りに行ったり、展示会に出展したりと、精力的に活動してまいります。かわさき屋の商品開発、温かい目で見守ってください!!

コメント





かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。