かわさき屋店主の日記

最低賃金上昇に想う

こんにちは

経営って大変 かわさき屋店主 川﨑です。

先般、最低賃金の引き上げに関する審査会答申を受けたニュースが流れました。宮崎県も、それを受け、20円台中盤から後半の最低賃金上昇が予測されます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00017221-miyazaki-l45

政府の目標値は、最低賃金の平均値1,000円以上を明言しており、この流れは止まらないでしょうね。かわさき屋がスタートしてから、パートさんの時給、200円近く上昇している気がします。弊社は、方針として商品にそのコストを転嫁させていただいています。さらなる上昇に備え、作業の機械化による経営の効率化なども予定しています。中小企業においても、今後は様々な対策、施策が必要になってくるような気がします。

最低賃金の急激な上昇による影響、お隣韓国が取り組む政策にて、その結果予測、一部はできるかと思います、中小零細企業は壊滅状態で、大企業の雇用も国外に逃げているとの報道。しかしながら、凡そ1,500円ともいわれる欧米諸国。特に米国においては、成長率は2%台を常に維持し、堅調な成長を続けています。弊社が、仮に給与を2倍にした場合、それを価格転嫁すると、多分2~3割の値上げが必要になってくるかなと思います。さらには、全国の企業が一気に給与を2倍にした場合、多分何となくですが、物価って5~7割増し程度で済むんじゃないかなーと思います。

給与の上昇。そして、それに伴う価格への転嫁を企業が怖がらないこと。そして、それを許容する空気を、日本国民が醸成すること。それができれば、優秀な海外の人材が日本に集まってきたりして、より日本も成長していけるんじゃないかなと思うんですよね。給与は高く、物価は安くってのは、本当に矛盾した概念で、絶対に成り立たないんです。物価は上がるけど、それ以上に給与が上がる。そんな状況を、今後日本は目指していくべきなんじゃないかと思う今日この頃です。

 

コメント





かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。