かわさき屋店主の日記

続けると見えてくるもの

こんにちは

この記事に目を通してくださっているあなたに感謝 かわさき屋店主 川﨑です。

かわさき屋のブログ、通算で結構記事をアップしています。開店当初からすると、その数なんとこの記事含め402本。美味しいもの日記も含んでの数ですが、今のところ年間平均57本の記事をアップしています。大体週1回の更新と考えると、なかなかの数だなーと実感。そのうち相撲の記事は何本あるんだろう…。なんて考えてみたり。初期のころのブログを見返してみると、結構な頻度で更新しています。確か、キーワード検索してもヒットしなかったので、意地になって頻繁に更新していたような。プライベートもブログでアップしていたり、やけに内容が軽かったりと、他人が見ることを全く想定していない様子がありありと文章から読み取れます。店主川崎当時33歳。若さゆえの怖いもの知らずって感じです。

あれから7年。

7年間で大きく変わった点の一つが、私のブログに目を通してくださる方が増えたことです。お取引先様や、職員募集の応募で来てくれる方、よく展示会で一緒になる方など、『ブログみてるよ』と声をかけていただける機会が増えました。ああいう声、本当に力になります。ありがとうございます。そんな感じで、私をどんどん褒めて伸ばしてください。 記事の内容も、ちょっとづつ変わってきています。今のメインは、①業務連絡 ②私の考えの発信 ③大相撲 この3つですね。③も、意外と大切にしています。個人のFBと一緒で、少しだけ川崎を身近に感じていただければと思って書いています。②については、お客様以外にも、求人の応募してくださる方に結構見ていただけています。

何となく個人的に感じていることは、②と③の記事、やってて全く損がない。というか、非常に良いことが起こる気がします。お客様の中にも、私の人となりをブログで判断してお会いしてくださる方もいらっしゃいます。また、遠くてお会いしたことないお客様と、電話で相撲の話をしてみたりとか。そんな感じで、私とお客様、会社とお客様との距離を縮めるコンテンツになっていそうな気がします。

今後も、皆様により身近にかわさき屋を感じていただけるように。また、ありのままのかわさき屋および私川崎を発信していくように。今後も少しだけ更新頑張ってまいります。是非今後とも、店主のブログをよろしくお願いいたします。

サイトリニューアルしたら、切干大根の料理ブログもちょっと頑張ります。

コメント





かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。