かわさき屋店主の日記

求人募集(正社員)終了のお知らせ

こんにちは

人手不足が続きますね かわさき屋店主 川崎です。

さて、先日から正社員の募集を2職種かけておりましたかわさき屋。この度、応募がありまして、無事採用の運びとなりましたので、ご報告いたします。FBでシェアしてくださったりと、ご協力いただいた皆様には大変感謝しております。この場を借りて、御礼申し上げます。全国的に人手不足が問題になっている中、決して都会ではない、綾町という町の零細企業に来ていただけるかたがいらっしゃるというのは、本当にありがたい限りです。

今回の採用を機に、かわさき屋、お客様に、より良い商品、より良いサービスを届けることができるよう、一同、全力で邁進してまいります。また、事業を発展させることで、生産者の農業再生産への手助けや、加工業者様の発展のお手伝いを通じた地域発展。また、従業員の処遇改善を進め、従業員に対する良い待遇 = 儲かる会社 となることで、地方の零細企業でもこんなことができるんだというモデルの構築。そういったものを実現させることができればと考えています。

かわさき屋、とりあえずは正社員求人取り下げますが、折を見て従業員増やしていきたいと考えています。もし、今回の募集見逃してた!!って方がいらっしゃいましたら、是非次回の募集でご応募いただきますよう、よろしくお願いいたします。

また、パートタイム従業員の募集、引き続き行っています。こちらの応募もお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

天候不順に想う

こんにちは

雨が多い12月になりそう かわさき屋店主 川崎です。

西高東低の冬型の気圧配置 って言葉、この時期本来であれば、天気予報で日常的に聞くセリフですよね。しかし今冬、あまり天気予報で聞くことができていない気が。今現在の気圧配置も、日本中央にデンッ、と前線+低気圧が居座っている感じ。おかげで、宮崎県、暖冬で雨が多い12月になっています。幸いなことに、乾燥した風は吹いていますので、短期間でカラッと乾く、なかなか質の良い切干大根、できてきています。しかし、所々で雨が降るため、生産者の皆様が効率よく作業すること、なかなかできてない状況でもあります。

農業生産において、『いつもの天気』というのは、非常にありがたい状況です。平均的に晴れて、平均的に日照があり、平均的に風が吹く。これ、まさに理想的な状況です。切干大根の場合、①晴れる ②風が吹く ③寒い この3つが、高品質な切干大根ができる条件になります。今年は、①と③の条件が厳しい。ちなみに、③に関してですが、寒すぎても実はダメ。氷点下も低すぎると、乾燥中の切干大根が凍ってしまい、品質が下がります。ことしは、春先までエルニーニョ現象が発生しているらしく、雨が多い冬になりそうな予感がします。

異常気象が問題になっている昨今ですが、特に農業生産の現場では深刻な影を落としています。野菜の価格、最近は安いですが、ここ数年、大体天候不順や災害による不作で高値が付くことが多いです。切干大根も例外ではなく、7年くらい前と比較すると、販売価格がおおよそ5割程度高騰している現状があります。地球の温暖化、否定されている学者さんもいらっしゃいますが、実際に農作物の価格に反映されているところを見ると、私個人としては無視できないんじゃないかなと感じます。

みんなで環境を守るために活動しよう!!てな感じの、意識高い系行動を皆様にお願いするわけではございません。ただ、皆様の生活に影響を及ぼすレベルで、天候に問題が起こっていること。そして、今後もそういう流れが続きそうなこと。この二つ。頭に入れて生活していくと、何かしらが変わってくるんじゃないかなーと思いつつ、今年も切干大根の仕入れ、頑張ってまいります。

年末年始の営業について

こんにちは

今年もラストスパート かわさき屋店主 川﨑です。

標記の件につきましてご連絡いたします。かわさき屋、多くの皆様と同じく、年末年始、お休みをいただきます。働き方改革が掲げられている昨今、やはり冬期休暇の一つもないと、従業員に申し訳がない。というわけで、以下の期間、業務がお休みになりますので、ご了承ください。

12月29日(土) ~ 1月3日(木)

また、配送便についても通常と異なります。特に、12月21日 ~ 1月7日発送分に関しましては、リードタイムを通常よりも大幅にいただきます。これに関しましては、弊社の繁忙期という理由も一部ございますが、何より、運送業者の対応によるところが大きいでです。特に、クリスマスをピークとして、配送物の物量が大幅に増える模様。楽しいクリスマスの裏で、運送業界の涙ぐましい努力が。まさに、彼らこそが現代のトナカイって感じがしますね。今後日本では、サンタクロースは黒猫か飛脚あたりに引っ張ってもらえばいいんじゃないかと愚考する次第。

また、地域にもよりますが、年内着を希望されるお客様は、できれば22日までにご発注を頂けると助かります。なお、地域別の、年内着荷物の発送期限は以下の通りです。

北海道          12月20日

東北 関東        12月25日

北陸 中部 近畿 中四国 12月26日

九州           12月27日

なお、荷物の込み具合や天候による災害などが起こった場合、以上のリードタイムは保証しかねます。お客様各位におかれましては、早めのご発注をいただきますよう、ご協力をお願いいたします。

今年も残すところ、あと432時間強となりました。昨年、私はサンタクロースにインフルエンザをプレゼントされるという、苦い記憶がございます。皆様におかれましても、残り数日、体調には重々気を付けて、元気にお過ごしください。

そろそろ切干大根の季節

こんにちは

一気に冬がきましたね かわさき屋店主 川崎です。

寒い季節が来ると、ほとんどの方は億劫な、憂鬱な気持ちになるんじゃないでしょうか。手足は冷えてくる。風邪はひきやすくなる。光熱費がかかる。何より、寒い。しかし、一部の方はテンション上がってくると思います。何を隠そう店主川崎、そのテンション上がってくるタイプの人間です。理由はもちろん、質の良い切干大根ができるから。低い気温と冷たく乾いた西風で乾かされた切干大根は、まさに芸術品!もうすぐ皆様に、今年の新物、お届けできるかと思います。

さて、今年の切干大根の生産見通しですが、非常に見通しにくいシーズンになりそうですね。大根の作柄は、当初、台風の影響で、9月中盤以降に種をまいた畑は壊滅的だという予想だったんですが、11月温かく、雨も適度に降ったため、結構いい感じに成長しているような気がします。9月前半に種をまいた畑の大根は、非常に大きく育っており、大根だけ見ると、今期はなかなか豊作の年になるんじゃないかなと期待しています。

但し、こと切干大根に限ると、話は少し違ってきます。

切干大根、大事なのは大根の作柄もですが、これからの天気もこれまた大切。しかも、晴れるだけではダメで、気温が下がり、乾いた風が吹かないとダメなんです。気象庁の長期予報を見ると、かなりの確率で暖冬になりそう。雨は平年並みになりそうですが、この天気、風吹くの?と、ちょっと不安になってきます。大根はかなりの確率で豊作なんですが、切干大根になると、一反当たりの収量、平年並みくらいに収まるかなーって感じで予想しています。

そして、切干大根関係者のみならず、消費者の皆様も関心があると思われます、切干大根の今年の価格予想。出足は昨年とほぼ同等の相場になっています。ここからどう動くかですが、私の予想、12月の天気次第で、かなり上下すると考えています。12月が不作だったら、一気に相場上昇すると思うんですが、豊作だった場合、かなり下がるかと思います。その辺加味したうえで、だいたい昨年並みに落ち着くんじゃないかなーと考えています。但し、あくまで私の私見ですので、予想と大幅に違った場合はご容赦ください。

これからお天道様に祈りながら、切干大根のシーズン、過ごしたいと思います!!

大相撲九州場所および平成30年大相撲雑感

こんにちは 今年の相撲も終わってしまいました かわさき屋店主 川崎です。 さて、三横綱がそろって休場、大関豪栄道も休場と、先場所とはうってかわって寂しい場所になりましたが、本場所の雑感と、今年を振り返った上で、来年の相撲界を予想してみたいと思います。 1. 貴景勝と高安の優勝争い 今場所はこれにつきますね14日目の直接対決。高安が意地を見せ、千秋楽まで優勝決定が持ち越し。両者勝っての決定戦に期待していたんですが、貴景勝勝利後、高安まさかの御嶽海に土をつけられる相撲。御嶽海、調子悪かったんですが、完全に高安対策掴んでますね。貴景勝、何が強いかって、得意の突き押し相撲に徹し、15日間廻しをいっぺんも取られなかった事につきますね。身長が低く、手も短い、凡そ相撲に向いていない体。その体を最大限に生かし、冷静な突き押し相撲に徹するその姿勢が優勝を呼んだんじゃないでしょうか。御嶽海戦は完敗でしたが、高安戦は勝ち急ぎましたね。それにしても、1横綱3大関を倒し、13勝での優勝は立派だと思います。対して高安。私は千秋楽、突き押しで行くべきだと思っていました。御嶽海、体当たりから組み止める相撲、完全につかんでましたからね。前2場所、右から押っ付けての攻めで、完全に相撲で勝っていたと感じていました。高安、初優勝目前でするりと優勝が逃げちゃいましたね。今回の悔しさをバネに、また優勝目指してほしいですね。

2. 稀勢の里

そしてもう一つ。5連敗で休場に追い込まれた稀勢の里。やはり大胸筋断裂の影響は大きいと言わざるを得ません。はっきり言って、見るのも痛々しい相撲の連続。若いときからの腰高を克服できなかったツケ、ここにきて手痛い支払いをしている感じ。正直、私には稀勢の里復活のビジョン、全く浮かびません。大ファンだからこそ、この凋落が悲しくて仕方ない。横綱審議委員会も、来場所での進退と明言しました。僅かな可能性に期待したいと思いますが…。

3. その他の力士と来年の展望

その他の力士、特筆すべきは阿武咲でしょうか。まだ足のケガ、完治はもう少しかかりそうですが、下の番付で11勝は合格点でしょうね。足をきっちり治して、上で再び勝てるようになれば、再度大関候補に名乗りを挙げられるんじゃないでしょうか。そして、世代交代の波、来年一気に来そうな予感が。今場所優勝の貴景勝、先場所9勝なんで、来場所11勝すれば大関の声も上がりそう。22歳4か月での優勝は、歴代6位の若さ。初土俵から26場所での優勝は、歴代4位のスピード記録と、非常に素晴らしい記録です。3横綱と高安以外の大関、非常に不安定ですので、これから一気に角界の中心になりそう。そして、個人的には貴景勝よりも評価が高い阿武咲。差しても相撲が取れる分、貴景勝よりも相撲の幅が広い力士です。個人的には、次代の大関、この二人が最も近いと感じています。対して、大卒力士は伸び悩んでますね。優勝がフロックとみられている御嶽海。他にも正代・北勝富士・朝乃山・豊山。下手すると、三役でボチボチ活躍するだけで終わる力士になるかも。そして幕下。朝青龍の甥、豊昇龍の勢いがすごい。同期入門の、大鵬の孫で話題の納谷と比べ、開花が一足早いかも。そしてもう一人、琴手計。この三人、近いうち、幕内で大暴れするかも。個人的に注目です。

来年は大きく動きそうな大相撲。一月を楽しみに待ちたいと思います。

かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。