店主の日記
  • 正社員募集のお知らせ(品質管理・仕入れ)

    こんにちは。

    求人募集第二弾 かわさき屋店主 川崎です。

    さて、標記の件ですが、この度かわさき屋株式会社、人員を一名採用することになりました。概要は下記の通りとなります。

    1. 応募方法 履歴書をご用意の上、電話およびメールにてお問い合わせください。ハローワークを通じての募集もやっていますので、そちらの方からの応募でも結構です。

    電話番号 0985-30-7371 mail info@kawasakiya-aya.com

    2. 募集期間 採用決定まで

    3. 募集人数 1名

    4. 募集職種 品質管理 切干大根の仕入や、原料管理がメインになります。また、袋詰め作業の管理などもやっていただきます。詳細は下記をご参照ください。

    5. 待遇 以下の通りとなります

    1)給与  大学卒 200,860 ~ 222,440円 短大・高専卒 168,320 ~ 194,222円 高校卒 166,000 ~ 182,620円(基本給)

    2)諸手当 通勤手当

    3)昇給 年1回 年次昇給あり 本年度年次昇給+1~2%のベースアップ実施

    4)休日 日祭日 土曜日は12~2月は出勤 3~11月は休日 長期休暇 年3回

    5)勤務時間 8:00 ~ 17:10 (休憩時間 70分)

    6)福利厚生 健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険 年一回の健康診断

    7)賞与 会社の業績を反映する形で年2回支給 昨年は合計2か月分の実績

    8)試用期間 3か月の試用期間を設けます。その間の給与は、学歴別給与の最低額になります。

    6. その他 切干大根の運搬などで、1.5t車・2t車と、マニュアルの軽トラックの運転があります。ATのみでも大丈夫ですが、MT優遇となります。

    尚、採用の流れといたしましては、履歴書受取 → 書類審査 → 面接(1~2回) → 採用 といった形になります。

    業務内容は大きく分けて、切干大根の仕入れと品質管理になります。品質管理は、パートタイム従業員の労務管理や、原料・資材の在庫管理が主です。パートタイム従業員のシフト管理などもお願いします。仕入れにつきましては、大体8~11月で生産者の皆様にお願いをして回り、12~3月上旬に仕入れるといった流れになります。切干大根の仕入れには2種類あり、生産者が持ち込んだものを、その場で計量して買い付けるものと、生産者宅に原料を取りに行くものがあります。後者に関しては、生産者の皆様から連絡をいただき、トラックで買い付けに行くような形になります。生産者とのコミュニケーションが、切干大根の仕入れには重要なファクターとなります。なお、先輩社員からのOJTがありますので、未経験者の方でも全く問題ありません。

    残業については、弊社は基本的に平時はほとんどございません。ただ、シーズン中は非常に忙しいです。残業も12~2月は多く、月10~30時間くらいになります。また、休日出勤して、代休を取っていただくこともございます。なお、代休の取得実績は100%ですのでご安心ください。また、ダブルワークも、基本禁止はしていません。事前にお伝えいただければ、本業に差し支えない限りで許可いたします。また、弊社とかかわりのある食品関係などでのダブルワークでしたら、お互いにメリットがある点で会社として支援いたします。

    長期休日についてですが、本年の実績として、GW9日間 夏季休日9日間 冬期休日5日間となっています。夏季休日につきましては、夏期は弊社の閑散期となりますので、今後充実させていきたいと考えています。対して、冬季は弊社の繁忙期になりますので、短めの休日となります。なお、長期休日に関しては、きっちり休日扱いで、有給消化などはございません。現在、弊社休日数は116日となっています。

    従業員教育については、OJT+県が開催するセミナーに積極的に参加しています。資格取得に関しても、業務に関係ある分であれば会社から補助を出しますのでご相談ください。

    かわさき屋は、開業して現在7期目、順調に成長しています。5期連続二桁成長を達成し、6期目も、昨対比110%程度の成長を達成いたしました。10期目までに売上高2倍を目標に、従業員一同、業務に励んでいます。新しいことにチャレンジしたい方にとっても、やりがいのある仕事の提供が可能であると考えています。また、事務所兼作業場を新築し、4月に移転予定です。新しい事務所で新しい仕事にチャレンジできますよ!

    事務所移転を機に、かわさき屋は、地域商社として動きます。宮崎から全国へ、共に宮崎の食品を広げようとしている皆さんと協力して、宮崎をPRしていきます。宮崎と全国を繋ぐハブとして、かわさき屋は地域の発展に寄与していきます。

    皆様のご応募、お待ちしています!!

    他人事ではない

    こんにちは

    花粉が気になる今日この頃 かわさき屋店主 川﨑です。

    今回も非常に来場者が多かったスーパーマーケットトレードショー。弊社かわさき屋も充実した3日間を過ごすことができました。今回5回目の参加となりましたが、ちょっと例年と比べ、異変が…。何か、運送便業者、サービス悪くなってない?

    いや、何となくなんですが、今までは、集荷ブースに荷物もっていったら、すぐに預けることできていたんですよ。もう一つ言えば、4年前くらいまでは、ブースまで荷物取りに来てくれていました。しかし今年は、集荷ブース前に大行列。かわさき屋、片付け一人で大丈夫だろうと思っていたので、一人を先に宮崎に帰らせ、私川崎一人で片づけをしていました。かわさき屋の荷物は、大きな段ボール3つ分。他社さんに協力していただきながら、何とか効率よく荷物を預けることができましたが…。

    と、ここで思ったことが一つ。これ、運送業者のサービスが悪くなったんじゃなくて、過剰サービスが適正に戻っただけなんじゃないの?長引く不況で、過剰にやってもらって当たり前的な空気が、日本にはびこっていたような感じが。それが、人口減少・労働人口の減少、景気の上昇のせいで、過剰なサービスを供給することが困難になってきているんじゃないですかね。特に、運送業界、人手不足深刻っていうニュース流れていますし。その他にも、スーパーマーケットなんかは、年始の営業取りやめとか、コンビニも24時間営業取りやめ検討とか、色々あるみたいですし。労働者側から考えても、もう、ブラックな職場、入らなくてもいっぱい働き口ありますしね。きっちり給料がもらえて、休みもあって、福利厚生も充実。そんな会社に入るに決まってる。価格上昇についてもそう。多分、安価で充実したサービスというのは、今後、日本では期待しちゃいけないんでしょうね。

    そういった状況にあること、雇用者側としても、従業員を抱えている身として肝に銘じなければならないと感じています。これからどんどん上昇するいろんなものに対応できる賃金形態の構築。中小企業としては困難な課題ですが、解決しなければ、多分会社の未来もないのではないかなと。

    今回の運送業者の件、そういった意味で、他人事ではないと感じた次第です。

     

    ご来場ありがとうございました

    こんにちは。

    春がちかづいてきましたね かわさき屋店主 川﨑です。

    先日、幕張メッセで開催されました、スーパーマーケットトレードショー。かわさき屋、今年も参加いたしました。多分9万人前後の方のご来場があったようで、本当に大盛況でした。弊社参加の宮崎県ブース、出入り口前と、非常に良い位置に陣取っておりました。その中で、かわさき屋ブース、県ブースの奥まったところに陣取るという、あまりよろしくない位置におりました。しかし、それでも、今回の展示会では、非常にたくさんのお客様にご来場いただきました。本当にありがとうございます。

    今までお取引のあるお客様のご来場もたくさんありました。わざわざかわさき屋ブースにいらしていただき、本当に感謝です。また、今回の展示会で、新しい出会いもたくさんありました。今回の出会いを機に、新たな関係を築くことができればよいなと思っています。お取引様の利益になるようなご提案ができるよう、かわさき屋、全力で頑張ってまいります。

    この度は、ご来場本当にありがとうございました。

    これからもかわさき屋、どうぞよろしくお願いいたします。

    展示会参加のご案内

    こんにちは。

    切干大根のシーズンも折り返し かわさき屋店主 川﨑です。

    さて、来る2/13日から、千葉県幕張メッセにて、今年もスーパーマーケットトレードショーが開催されます。毎度のごとく、弊社も宮崎県ブースで参加させていただきます。毎年、宮崎県ブースは、各社のブース配置をくじ引きで決めます。今年のかわさき屋、34社中なんと34番目にブース選択となってしまい、なんとも微妙な感じになってしまいました。大通りに面した場所ではございませんが、きちんと来場していただきやすい場所にブースございます。皆様、是非遊びにいらしてください。

    ちなみに、宮崎県ブース、メインの1~7ホールのほうではなく、地方の商品が集まる9ホールになっています。大きいホールだけに行かれるのではなく、是非こちらのホールもご来場ください。地方の面白い産品、沢山見つかりますよ!かわさき屋も、おいしい切干大根の試食を用意してお待ちしています!

    なお、今回の展示会は、一般のお客様は原則入場できません。また、会場入りには入場券が必要です。もし、『行きたいんだけど入場券が…。』とお考えのあなた。当日でも、川崎にご連絡いただければ、チケット少々ご用意しております。遠慮なくご相談ください。 当日、幕張メッセでお待ちしています!!

    日時 2月13~15日 10:00 ~ 17:00 (最終日は16:00まで)

    場所 幕張メッセ

    HP http://www.smts.jp/

    稀勢の里の引退に想う

    こんにちは

    ただただお疲れ様でした かわさき屋店主 川﨑です。

    稀勢の里という力士、私が一言で表現するとすれば、大相撲史上、最もファンの期待を裏切った力士。

    私がこの力士を認識した最初のきっかけは、2004年に、17歳9か月という、横綱貴乃花に次ぐ年少記録で十両に昇進したときでした。突き押しが強烈で、馬力のある相撲が持ち味。その後あっという間に幕内に昇進し、三賞・金星・三役など、歴代上位の年少記録で達成。当時絶頂期の横綱朝青龍に対しても、一気の突き押しで土俵からはじき出したりと、白鵬と共に、次代を背負う力士として、好角家から期待されてました。私、貴乃花の大ファンだったんですが、2003年に横綱貴乃花が引退して何となく相撲を見ていた時に、『次はこいつしかいない!!』と、非常に興奮したのを覚えています。それからかれこれ15年、稀勢の里をずっと応援してきました。

    しかし、そこから彼の苦難がスタート。

    三役に定着できない。変なところで取りこぼす。上位で大勝ちしたかと思えば、次の場所では負け越す。そして、極端に苦手な力士がいる。琴欧州や把瑠都、碧山など、パワー系の外国人力士には、全くといっていいほど勝てませんでした。ファンからの期待は大きく、でも期待には応えられず。それでも、横綱相手に圧倒するような相撲をたまに見せてくれる。有名な一番が、白鵬の連勝を止めた一番。2010年九州場所の二日目だったと記憶していますが。豪快な突き押しから、激しい相撲で白鵬を寄り切る。youtubeで改めて見ても、白鵬の動き、負け相撲だけどもキレッキレ。この一番で、稀勢の里の好角家からの期待、一気に高まったと記憶しています。

    そこから2012年の大関とり。しかし、大関とりの場所も彼らしいというか…。10勝、12勝ときて、11勝すれば文句なしの大関昇進。千秋楽を10-4でむかえ、対するは、先場所大関昇進したライバル琴奨菊。そして見事敗戦と、見事にファンの期待を裏切ってくれます。大関に昇進してからもファンの期待を裏切り続ける。大関31場所で、優勝したのは横綱昇進した一場所だけ。あとは惜しいところまで行っても直前で優勝を逃す。優勝次点、数えること12回。メンタルが非常に弱いといわれていました。見ていて『もうちょっとどうにかならないかなー』って感じの相撲が多かった。ただ、何度裏切られても応援したくなる魅力に溢れた力士でした。

    大関時代も、31場所中優勝1場所ですが、カド番1度。一桁勝利は年に一度あるかないかという圧倒的な安定感。優勝に手が届きそうな星数も、13勝6回、12勝3回と、優勝できないの、呪われているんじゃないかと思うくらい良い成績を何度も上げていました。そして、白鵬の天敵といわれるほどの白鵬との熱戦。要所要所で白鵬の連勝を止めたり、左の押っつけだけで白鵬を吹っ飛ばしたりと、時折見せる圧倒的な相撲が非常に良い。正直、数字だけで見たら、日馬富士のほうが白鵬に対して合口がいいんですよ。それでも、諸般の事情があり、やはり白鵬のライバルは稀勢の里であるという認識は、好角家の中では一般的でした。特に、2015年の一年間の相撲は、死闘と呼ぶにふさわしい一番ばかりでした。モンゴル3横綱に唯一対抗できる日本人力士。常に真っ向勝負。力でぶつかる稀勢の里の相撲は、毎日楽しみで、毎日ヒヤヒヤで、毎日アツくなる。

    期待を裏切るということは、逆に言えば常に期待され続ける実力・魅力がなければできないこと。稀勢の里は、実力・魅力共に、本当に引き付けられるものを持っている力士でした。実力にふさわしい結果が出ない。脆いメンタルを、角界有数といわれる猛稽古で何とかカバーしようともがくも、史上最強力士の呼び声高い白鵬に、何度もはじき返される。そして、最高の結果でファンの期待にやっと応えてくれた、初優勝での横綱昇進。そして連覇。そして致命的な大怪我。左が生命線の稀勢の里にとって、左の上腕筋、大胸筋の断裂はアウトでした。その後、一度も活躍することなく、本日の引退劇となりました。

    今まで、ここまで感情移入して応援したプロスポーツ選手いませんでしたし、これからも出てこないんじゃないかな。

    稀勢の里関、お疲れさまでした。そして、本当にありがとうございました。