店主の日記
  • 大相撲3月場所雑感

    こんにちは。

    土俵外のことが話題になっていることが少々悲しいです かわさき屋店主 川﨑です。

    さて、遅くなりましたが、場所後恒例、大相撲の結果についていろいろと論じてみたいと思います。

    1. 鶴竜の優勝

    流石の優勝。一人横綱の面目を保った優勝でしたね。13勝での優勝、非常に素晴らしかったと思います。ただ、鶴竜復活と位置付けるには、ちょっと内容が悪かったかなと感じています。引きや攻め込まれる場面が目立ち、何とか勝ちを拾う相撲が多かった印象があります。1~3番くらいだったらよくあることですが、私が見た感じ、そんな感じの相撲が5番以上あった印象。来場所以降、ちょっと注視したいですね。そして、最後まで優勝争いに絡むことはできませんでしたが、存在感を見せた高安。二場所連続の12勝優勝次点は立派。そろそろ初優勝も見えてくるかな。魁聖も、終盤まで場所を盛り上げてくれました。来場所以降に期待ですね。

    2. 次期大関争い。

    私の中で、横綱大関の総数、5~6人がしっくりくる数だと感じています。現在、横綱実際に出場するのは一人と考えると、横綱大関の総数3名。そう考えると、2~3名は昇進しても良い状況だと考えています。ところが、以前から挙げていた大関候補の若手、今場所全滅。阿武咲は怪我で全休。貴景勝は怪我で途中休場。御嶽海・北勝富士は負け越し。二場所連続二けたの逸ノ城は、今場所は9勝。それに代わって、ベテランの栃ノ心が今場所二桁の10勝。来場所、多分最初で最後の大関とりに臨みます。14-10ときているので、二桁勝てば多分昇進。昇進できればめでたいことですが、個人的には、25歳以下の若手に昇進してほいですね…。

    3. その他力士について

    阿炎、予想より良い成績をあげましたね。入幕から二場所連続二けたは、阿武咲と同じですね。来場所、上位総当たりの場所になるので、どうなるのか楽しみ。突き押し一本なので、引きはしょうがないかと思いますが、変化が少々気になるところ。あと、栃煌山や、嘉風など、以前上で暴れていたベテランの凋落が気になるところ。年齢を考えるとしょうがないかなと思いますが、やはりさみしいですね。そして、多分来場所引退がかかる場所になる稀勢の里。調子が戻ることを期待したいと思いますが、正直難しいと思います。二桁勝てばノルマ達成だと思いますが、果たして…。

    折角起きかけていた地殻変動が収まってきたことが残念。来場所以降、面白いことが起こることを期待したいと思います!!

    面白い本をよみました

    こんにちは

    読書は大切だなと感じます かわさき屋店主 川﨑です。

    先日、スーパーマーケットトレードショーに行った際、一日視察の日程を設けました。東京の高品質スーパーを数店舗回り、東京の市場傾向や、新商品開発のアイデアのための情報収集など、非常に有意義な時間を過ごすことができました。その中で、帰りの飛行機で読むために、書店で購入した書籍がこちら。

    https://goo.gl/hQ4x7f

    私、ビールをはじめとしたお酒が大好きなんですよ。ビールの中でも、エールは香りがよく、ちょっと特別な時に、このよなよなエール、飲んだりするんですよね。その、よなよなエール製造メーカー、ヤッホーブルーイングの会社運営のお話です。ビジネス図書に分類される本だと思うんですが、読みやすく、おススメの一冊です。

    その中で、とても関心というか、見習いたい点がありました。個人的な解釈ですが、会社の方針というのは、みんなに理解してもらわないといけない。そして、それに共感してくれる人たちと仕事をすれば、会社がチームになり、一丸となって困難に立ち向かえる。そういった内容だったと感じました。

    会社方針がユニークで、一丸となって業務に取り組んでいる印象がある会社。でも、それを作り上げるためには、並々ならぬ努力があった。かわさき屋、まだ6年目と、まだまだお子様みたいな年の会社です。でも、これから、『これがかわさき屋だよね』といわれるような、個性のある会社に育てていければと感じました。

    【再掲】スーパーマーケットトレードショー参加のご案内

    こんにちは

    再度お知らせ かわさき屋店主 川﨑です

    さて、いよいよ来週となりました。来る2月14~16日、千葉県幕張メッセにて、スーパーマーケットトレードショーが開催されます。今年もかわさき屋、宮崎県のブースで全力で参加させていただきます!!3日間で八万人を超える人が行きかう、国内最大級の食品展示会でございます。毎年、色々な出会いがあり、私も楽しみにしている展示会です。

    ちなみに、本展示会、一般のお客様はご来場いただけません。基本的に、BtoB を対象とした展示会となります。弊社商品にかかわらず、食品の取り扱いを検討されているかた、川﨑、入場券持ってますので、遠慮なくご相談ください。

    なお、かわさき屋、今年は、例年とちょっと違った志向で臨んでみようかなと思っています。まず一つ!!インターンシップにより、かわさき屋に来てくれる宮崎大学の学生と一緒に参加いたします。20歳と21歳のフレッシュな二人が、かわさき屋のブースでお手伝いしてくれます。そしてもう一つ、かわさき屋開発中の商品、皆様に召し上がっていただき、ご意見を賜りたいと考えています。試食をご用意していますので、ぜひ皆様、ご来場ください!!

    かわさき屋に限らず、宮崎県のブース、魅力的な企業がたくさんあります。また、宮崎県以外の各県も、私が欲しくなるような商品、たくさん展示しています。ご来場の際は、色々なブースを見るついでに、宮崎県ブースのかわさき屋へ、是非とも足をお運びください。

    当日は幕張メッセでお待ちしています!!

     

    開催日程 2018年2月14 ~ 16日  10:00 ~ 17:00 (最終日は16:00まで)

    会場 幕張メッセ

    ブース 10番ホール 402 宮崎県ブース内 通路沿いのわかりやす場所に陣取ってます!!

    地域の発展って何なんでしょうかね

    こんにちは

    風の強い寒い日が、嬉しいようなしんどいような かわさき屋店主 川﨑です。

    今回は、FBの個人投稿で、ちょっと反応が良かった書き込みについて、掘り下げて記事にしてみたいと思います。内容としては、宮崎市長の戸敷氏が、自分の実績として企業誘致をあげたことに対して、もっと地元の企業が頑張ったほうが安定した発展につながるんじゃないの?的な内容でした。

    リーマンショックに端を発した不況で、宮崎も例外なくかなりの打撃を受けました。具体的には、円高に端を発する大企業の工場撤退です。大企業の下請けをやっていた会社や、撤退した工場で働いていた従業員など、非常に多くの方々が苦境に立たされたと記憶しています。弊社の設立は2012年なので、幸か不幸か、人材確保には苦労しなかった記憶があります。

    さて、記録的な求人倍率で、好景気といわれる昨今。宮崎には再び大手企業の工場が誘致され、地元企業が出せない好条件で地元の雇用を生み出してくれています。幸いかわさき屋、5年間でだいぶ成長することができました。そうなってくると、人手不足の影響をもろに被ることになってしまっていいます。残念ながらかわさき屋、大企業と同じような条件で雇用するほどの体力はございません。まだ、求職者に選んでいただけるような会社になっていないのが現状です。新卒の皆さんも、条件の良い大企業の工場や、県外の条件の良い会社に就職する選択をされているようです。

    しかし、このような状況、宮崎の会社は甘んじて受け入れてよいわけがございません。

    この好景気に、この人材不足の時代に、求職者の皆様に選んでいただける会社づくり、実行するチャンスと捉えたいです。給与や福利厚生は、頑張っても大企業には敵いません(最大限努力するのは当然ですが)。けれども、イケてる感っていうのを出していけば、若い方にも選んでいただけるのではないかなと感じています。

    高千野にあるまろうど酒造さんなんかは、従業員さん、皆非常に若いです。田舎な高千穂の街中から、さらに30分くらい車を走らせた、本当に何もない、消滅してしまう危機に瀕している集落に会社があります。限界集落消滅の危機に、何とか地域を再興したいという思いが、若者の心を打ち、皆さん、非常に生き生きと頑張っていらっしゃいます。他にも、九州の食材を世界に発信している、九州パンケーキでおなじみの一平さんなんかは、ムカサハブという取り組みで、地域貢献にも力を入れていらっしゃると感じます。

    こういった企業が、若者の受け皿になることで、若年層の流出を防ぐことになるんじゃないかなと思います。

    私どもかわさき屋も、今年はちょっと色々な取り組みを行う予定です。自社だけが発展するんじゃなくて、他社も一緒に発展していけるような、そんな取り組みをやっていきたいと考えています。そういった活動が、先ほど申し上げました『イケてる感』に繋がり、若者が輝けると感じてもらえるようになりたい。そして実際に、かわさき屋で輝き、一緒に宮崎や綾町を発展させていけるようになれれば、弊社の存在意義っていうものが見えてくるのかなと感じています。

    好況は永遠に続きません。不況になれば、再び工場の撤退などが起こり、地元にも再び打撃が来ないとも限りません。もし、そんな時に、発展した魅力ある地元企業が沢山あれば、宮崎は安定して発展していけるんじゃないかなと思います。実はフードビジネス、不況に強い業態です。そして、地元にもたらす波及効果もなかなか大きい業態です。私たちが発展していくことが、宮崎の安定的な発展につながっていくと信じて、より魅力ある企業に成長していきたいなと思います。

    大相撲初場所雑感

    こんにちは

    かわさき屋は繁忙期まっただなか かわさき屋店主 川﨑です。

    さて、おととい終わった大相撲初場所。何かと土俵外の話題で騒がれましたが、その辺は置いといて、今場所の感想と、今後の展開についてお話をしたいと思います。

    1. 横綱陣の今後

    白鵬・稀勢の里が途中休場。この両横綱については、中日の日記で述べましたが、稀勢の里が深刻ですね。ここ数場所、稽古の時は結果が出ているにも関わらず、本場所で力が出ない。はたして、怪我前とは言いませんが、綱の責任を果たせるだけの状態に戻せるのか、正直疑問。白鵬については、以前のように、新しいスタイルをまた見つけるのか、それとも、このまま埋もれてしまうのか。4年前くらいまでの、完璧な相撲は間違いなくもう取れません。そういった中で、この横綱がどうなるのか注目。そして今場所皆勤の鶴竜。最終的に11勝と、とりあえず合格点の成績でしたが、連敗のせいで印象が悪かった。皆勤できたので、相撲勘といった部分では、来場所以降も期待できるかもですが、正直、来年の初場所、三人とも消えている可能性も否定できないと感じています。

    2. 若手とベテラン

    優勝した栃ノ心、何があったんだ?というくらい、完璧な展開でした。平幕優勝力士にありがちな、上位との対戦がないわけではなく、上位総当たり。齢30にして、まさに全盛期。最近、相撲界も、年齢のピークが変わってきた感がありますね。やはり、よく稽古をする力士、長く活躍できるのでしょう。ただ、同じくベテランの嘉風、玉鷲は負け越し。そして若手については、逸ノ城復活の兆しが見えてきましたね。上位総当たりで連続二けた勝利は立派。次の大関が見えてきた感もありますね。逆に、御嶽海はギリギリ勝ち越し。貴景勝、阿武咲、北勝富士は負け越しと、くっきり明暗が分かれました。そんな中、中堅どころの大関高安。実は自身最高タイの12勝を挙げ、復活をアピール。来場所以降の中心になる可能性大だと思います。

    4. 世代交代。

    かつて、ここまで世代交代がスムーズにいかなかったこと、なかったんじゃないでしょうか。千代の富士~相撲を見ているのですが、その後、貴乃花~朝青龍~白鵬と、実にスムーズに大横綱が表れていました。実際、その椅子には照ノ富士が座っているはずだったと思うのですが、怪我で大失速。期待の若手5人の急成長にかけたいですね。そんな中、入門した力士に注目が集まる異例の事態。大横綱大鵬の孫、納谷と、大横綱朝青龍の孫、豊昇龍。どちらも埼玉栄出身で、個人高校タイトルホルダー。もしかすると、次の大横綱、この二人のどちらかなのかも。

    というわけで、色々な点から気になる大相撲。来場所を楽しみに待ちたいと思います。