かわさき屋店主の日記

2016年最終営業日

こんにちは。

2016年かわさき屋の営業も本日で終了 かわさき屋店主 川崎です。

2016年も、かわさき屋商品をご愛顧いただき、まことにありがとうございます。2015年よりもさらに多くの皆様に手に取っていただく機会も増えたのではないかと思います。皆様のお買い上げが、弊社の支えに、喜びにつながっております。消費者の皆様、そしてお取り扱いいただいている小売店の皆様、流通にご協力いただいている卸売の皆様、すべての方々に、改めて感謝申し上げます。

2016年を振り返って、非常に大変な年だったという印象です。2016年当初の相場は、例年の2倍程度の価格となり、価格を値上げせざるを得ない状況となりました。このことで、消費者の皆様ならびに関係者各位には、多大な迷惑をおかけする運びとなりました。また、大根の不作の影響で、今期は前期よりもさらに値上がりしている現状がございます。安定した価格でご提供できるよう、全力で対処していますが、今季終了まで予断を許さない状況になっています。

かわさき屋といたしまして、2016年は、情報発信に取り組んだ年でもあります。2015年から始めたCOOKPADは、今年一年間で、およそ88万アクセスを数えました。延べ数ではございますが、非常に多くの皆様の食卓で、かわさき屋のレシピが並んだと思うと、取り組みをやっていてよかったと感じます。また、11月より公式FBページも始め、消費者の皆様への情報発信もより積極的に行いたいと考えています。また、消費者だけでなく、卸売業者様や小売業者様のための情報発信の取り組みも、2017年には実施したいと考えています。

2016年、いろいろなことがあった一年間でした。それでも乗り切れたのは、ひとえにかわさき屋をご愛顧いただいている皆様のおかげです。今年9月から始まった五期目をつつがなく乗り切り、6期目に良い形で繋がるように頑張っていきたいと思います。また、お客様方にも、よりよい価値の提供ができるよう、全力をもって2017年も取り組みます。

今年一年間、本当にありがとうございました。

そして、来年2017年のかわさき屋も、どうぞよろしくお願いいたします。

皆様、よいお年をお迎えください!!

 

切り干し大根 産地の現状 12月9日

こんにちは。

切り干し大根の荷受けで、明日あたり筋肉痛になりそうな予感がします かわさき屋店主 川崎です。

さて、切干大根の新もの入荷が始まりました。生産者の皆様が、この3か月の苦労の結晶を、かわさき屋へ運び込んでくださいます。私たちの仕事は、この立派な切干大根を、消費者の皆様に、正しい価値でお届けすることです。皆様、どうぞお楽しみに。

さて、この季節になると、生産者の皆様と、畑の現状を話す機会もグンと増えてまいります。実感としては、12月の状況は、例年のおよそ6割程度の生産量。大体、昨年並みになるのではないかと思われます。人によりますが、悪い人で平年の4割程度。良い人で平年の9割程度。偏差として悪いほうによっているような感があり、トータルでおよそ6割前後になるんじゃないかと思います。1月から収穫分の大根の作柄も、思っていたほど回復しておらず、大体平年の8割前後になるのではないかと思っています。そうなった場合、原料価格は、昨対比25%前後の上昇になるのではないかと考えています。

三年連続の不作で、産地も非常に厳しい現状になっています。お取引様各位ならびに消費者の皆様におかれましては、何卒この現状をご理解の上、引き続き弊社商品をはじめとした切干大根をご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

㈱MOMIKI様との共同レシピ制作

こんにちは。

趣味は料理 かわさき屋店主 川崎です。

さて、COOKPADで続々とレシピをアップしているかわさき屋です。COOKPAD、かわさき屋のページでご紹介しているレシピ、かわさき屋の商品だけで、なんと216レシピ(11/30現在)。そして、月80,000アクセス/月の閲覧をいただいている、大人気(自称)ページです。月80,000キープしたら、年間100万アクセスも見えてくるなーと思いつつ、ここまでの皆様に閲覧いただき、感謝感謝、恐悦至極にございます。ただ、これだけのページを自社で独占するのももったいない。ここはひとつ、宮崎のおいしい食材をご紹介せねば!!

ということで、今回、㈱MOMIKI様のご協力をいただき、かわさき屋 × MOMIKI のコラボレーションレシピを作ってみました。

MOMIKI様は、宮崎県産のにんにくを使った黒にんにくを加工・販売されているメーカー様です。私の独立開業前から、こちらの会社にはいろいろとご指導いただき、お世話になっています。素材にこだわり、味にこだわった加工品の数々。食品添加物の類は一切使用せず、おいしい商品を販売されています。

今回、かわさき屋が、MOMIKIさんの協力をいただき制作したレシピ、その数なんと10レシピ!!いやー、我ながら頑張りましたね。どれもおススメのレシピですが、から揚げ、チヂミ、生姜焼きがおススメです。チャーハンと肉巻きは、店主川崎渾身の力作となっており、皆様にご満足いただけること請け合いだと思います。

MOMIKI様のリンクはこちら → http://www.momiki.com/

MOMIKI様の商品、気になる方は、上記アドレスから商品をご購入ください。

今回ご提案のレシピは下記にリンクを貼ります。皆様、ぜひご覧になってください。

つくれぽもお待ちしています!!

食べるラー油で☆彡ピリ辛から揚げ

☆彡ニラを大量消費☆彡切干大根入りチヂミ

ご飯がすすむ!頑固一徹の生姜焼き。

ランチに☆食べるラー油でピリ辛チャーハン

おもてなし♡切干大根で中華風ピリ辛肉巻き

食べるラー油で☆彡きくらげのピリ辛和え

簡単もう一品!エビときくらげのうまみ炒め

冬のあったか☀切干大根でトマトチーズ鍋

炒めるだけ!!いかとれんこんの炒め物

スキレットがいい♡切干大根のアヒージョ

2016年大相撲総括

こんにちは。

今年一年の大相撲も終わりました かわさき屋店主 川崎です。

さて、今年の締めの九州場所も終了ということで、九州場所の結果を踏まえた2016年の総括、そして、2017年の展望を描いていきたいと思います。

1.本命不在の大混戦

2015年の大相撲、白鵬が3回優勝、日馬富士 鶴竜 照ノ富士が1度づつの優勝でした。そして2016年は、白鵬2回、日馬富士 鶴竜 琴奨菊 豪栄道 がそれぞれ1回ずつ。非常に混迷を極めた一年間だったと思います。今年の初めに、いったい誰が豪栄道・琴奨菊の優勝を予想したでしょうか。しかし、九州場所の様子を見ると、絶対王者白鵬はもう帰ってこないんじゃないかと。そして、琴奨菊。九州場所4番しか勝てなかったですし、そろそろ引導を渡す若手が出てきてほしいですね。豪栄道においても、秋場所全勝優勝したものの、九州は9勝。今年は一桁勝利4回。うち負け越し1回。現在、次の大関候補と目されているのが、高安・正代あたりでしょうか。そろそろ、琴奨菊と豪栄道に引導を渡してほしいところ。そして問題力士、稀勢の里。69勝で年間最多勝は立派。1桁勝利は1回。優勝次点が4回。通算優勝次点数が、たぶん14回の稀勢の里。正直、これだけの成績を残せる力士が、なぜ優勝できないか不思議でしょうがない。今年の勝率、75%オーバーですよ。来年以降に期待したいけど…。

2.来年の展望

ポスト白鵬の最有力と目されていた照ノ富士が、怪我で精彩を欠き続け、同じく逸ノ城、伸び悩んでいます。私が見るに、現在の大関候補最有力が高安、その次ぐらいに遠藤、正代の本名トリオあたりが期待できますかね。ただ、横綱候補たりえるかとえいば、疑問符が付きます。来場所新入幕予定の佐藤あたりに盛り上げて欲しいものですが。どこかの誰かがブログに書いていましたが、今の状況は、『世代交代』ではなく、『世代後退』であるということです。言いえて妙だなと思います。

3.今後の期待の力士

新入幕予定の、佐藤 小柳、十両で活躍している阿武咲あたりが、将来期待できそうかなと。輝はなんだか勢みたいなエスカレーター力士になりそうな気がします。

日本人の横綱候補力士が早く出てきてくれることを願いつつ、来年も大相撲、楽しんでいきたいと思います!!

切干大根 産地の現状 11月25日

こんにちは。

宮崎にも冷たい西風が吹いてきました かわさき屋店主 川崎です。

さて、西風が吹くと、切干大根の本格生産が始まってまいります。かわさき屋としても、一年で一番忙しい時期のスタートです。通常の出荷も増えてきますし、それに加えて原料集荷もスタートしますので、かわさき屋、てんやわんやの大騒ぎになります。まぁ、この時期ヒマだったらお話になりませんので、体調に気を付けて、皆様に安定供給すべく、全力を尽くしていきたいと思います。

今期の切干大根ですが、やはり大根の生育が非常に悪く、相場の高騰が確実視されています。一部の情報では、過去10年間の中で、生産量は最悪になる可能性があり、例年比6割程度しかできてこないのではとの予測もあります。つい最近初セリが実施されましたが、品質の悪い切干大根でも、競り値が14,000円/10kg(平年の初セリは4~5,000円/10kg)と、私が見たこともないような高値がついています。

実際圃場の状況を見ても、大根の大きさが、平年の半分くらいしかないのではというようなサイズ感です。少なくとも12月は、昨対比25~50%高くらいの高値で推移するのではと思われます。1月以降の大根は、そこまで状況が悪くないのではとの予測もありますが、予断を許さない状況が続くと思われます。

状況は随時変化していきますので、詳細を確認したい方は、遠慮なく川崎までお問い合わせください。

かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。