店主の日記
  • 平成30年 大相撲夏場所総括

    こんにちは

    宮崎は梅雨到来です かわさき屋店主 川﨑です。

    さて、昨日まで出張に出ていたため更新できなかった大相撲総括。色々ありましたが、以下、私なりの感想です。

    1. 栃ノ心

    栃ノ心大関昇進、素晴らしかったですね。何というか、相撲が力強い。白鵬をがっぷり四つで寄り切った相撲なんかも、栃ノ心の成長を感じた相撲でした。千秋楽まで優勝争いを横綱鶴竜と繰り広げ、場所を大いに盛り上げてくれました。直近さん場所の勝ち星が37勝ですので、文句なしで大関昇進ですね。若い時、力強さとスケールの大きさで、将来の大関の声がかかっていた力士でした。しかし、ひざに大きなけがを負い、小結まで経験しておきながら一時期幕下まで陥落。そこから番付を上げていき、なんと大関昇進。しかし、最近の大相撲、30過ぎて花開く力士、増えてきてますよね。栃ノ心も初優勝の先々場所で一気に花開いた感じ。これからもこの流れ、続いていくかもしれませんね。

    2. 横綱

    優勝を決めた鶴竜、初の二連覇という結果は正直意外でした。怪我を治し、本来の相撲に近づいてきている気がします。31歳という年齢と、怪我続きという状況を鑑みると、正直、もう引退かなと思っていました。鶴竜もここにきて復調の兆しを見せていますので、栃ノ心のごとく、30過ぎてもまだまだ元気なところをこれからも見せてくれるかな。白鵬は、休場明けの横綱としては合格点の成績でしたね、エルボーと揶揄されるカチ上げを封印して、2桁の勝ち星を上げられたのは立派です。全盛期のような、立ち合いで前まわしを取る相撲も見られましたし。ただ、やはり衰えは隠せない。これからどうごまかしながら相撲を取り続けていくか、白鵬の相撲も注目ですね。そして全休の稀勢の里。もう崖っぷちです。私は来場所の休場は許されないと思っています。来場所出場で二けた勝利が続ける最低条件です。正直厳しいでしょうが、是非とも頑張ってもらいたいもの。

    3. 若手力士

    阿炎、初の上位総当たりで惜しくも負け越しましたね。しかし、白鵬・豪栄道から白星を挙げたのは立派。激しい相撲で土俵を沸かせましたが、勝ち越せなかったのは正直実力不足でしょう。もう少し体を大きくして、突き押しの威力を上げていけば、師匠みたいに三役定着、もしくはそれ以上も望めるかも。他にも阿武咲、12勝で十両優勝、貴景勝、幕内で二桁勝利。本来の実力だと、もう二番くらいは勝てる量力士ですが、怪我明けでこの成績は十分でしょう。貴景勝はたぶん上位総当たりの番付に行くと思いますが、三度目の正直で、上位定着してほしいものです。御嶽海、逸ノ城、正代は、勝ち越しはしたものの物足りない成績。特に御嶽海。毎度毎度の終盤のスタミナ切れ。そこを克服しないと大関とりは厳しいでしょうね。

    4. おまけ

    宮崎出身の十両、琴恵光関、西十両二枚目で11勝と立派な成績でした。千秋楽、星を落として優勝はなりませんでしたが、最後まで十両の優勝争いをしてくれたのは、郷土力士を応援する見としても非常に嬉しかったです。来場所、宮崎出身力士として44年ぶりの幕内力士が誕生…、のはずなんですが、正直微妙なところ。いや、琴恵光関の成績、十分すぎるんですよ。ただ、陥落確実な力士、一人しかいないんですよね。西の16枚目、安美錦関は4勝なので陥落でしょう。あとは、14枚目の豪風関・13枚目の石浦関が6勝と、ギリギリのこれそうな数字。11枚目の大奄美関も4勝と、本当にギリギリのところ。筆頭で優勝の阿武咲関の昇進は確定として、あと、枠が一つ要る状況。発表当日まで予断を許さない感じがしますね。

    といったところで、今場所は以上。また来場所を楽しみにしたいと思います!!

    切干大根の生産量と、今後の日本の農業と

    こんにちは。

    夏が、というか、梅雨がすぐそこまできています かわさき屋店主 川﨑です。

    かわさき屋、情報を大切にしています。そのなかの一つが、宮崎県の切干大根生産量です。全国で一定以上の収穫量がある作物だと、農水省が統計を取っているのですが、切干大根、残念ながらその統計から外れる作物です。幸いなことに、宮崎県が、毎年の生産面積と生産量の統計を取っているため、うちとしてはそれを参考に色々な戦略を構築しています。

    データは一年遅れで統計が出ているので、今回、新規でとれたものは、平成28年度のものです。過去三年のデータは以下の通り。

    平成26年度 生産面積 462ha 生産量 1776t

    平成27年度 生産面積 404ha 生産量 1764t

    平成28年度 生産面積 397ha 生産量 2249t

    昨年度、実は、過去類を見ない大豊作の年でした。過去のデータから、10a あたりの収穫量、500㎏を超えると豊作、400㎏台は不作、300㎏台は凶作かなー、って感じで考えています。そう考えると、昨年は564㎏/10a と、過去5年間で圧倒的に収穫量が高い年というデータがでました。正直、1500~1600tくらいじゃないかなと思っていましたので、非常に意外な結果でした。原因としては色々あると思いますが、詳しく書くときりがないので、興味がある方、個別にお答えいたします!!

    私が近年、最も懸念している事項が、10a あたりの収穫量が振るわなかったことよりも、生産面積の減少です。一昨年と比較すると、10%以上生産面積が減少しています。その原因は、生産者の高齢化、そして、農業が稼げない業種になっていること。そして、農業が非常にきつい仕事であることに起因しているのではないかと推察しています。

    しかし、ここにきて光明も見えてきていると感じています。生産者の減少により、収穫面積の絶対数が減っているのは、切干大根だけではないと思います。そうなると、当然傾向として収穫量も減少します。そうすると、農作物は相場で動きますので、供給量が少なくなれば自ずと、需給バランスから価格も上昇してきます。切干大根のみで見ると、現在の価格水準は、十分再生産可能なラインに来ています。私の実感だと、このままいけば、農家の戸数、向こう20年で壊滅的な状況まで減少すると思います。しかし、生産者価格が上昇して、農業が、大変な仕事なりの収入を得られるようになれば、後継者が増えたり、農業生産法人が増えたりするんじゃないでしょうか。そうなってくれれば、将来、日本の農業・日本の食、ギリギリのところで踏みとどまれるんじゃないかと期待しています。

    消費者からすると、食品の値上げ、たまったもんじゃないことは十分理解できます。しかし、生産者の生活を犠牲にした、安全・安心・安価な食品の供給についても、一つ考え直してもらいたいと感じています。

    私の祖父母、宮崎県西都市で、ハウスでなすを作る傍ら、牛の繁殖農家を営んでいました(現在は私の叔父にあたる人が後継者です)。ハウス農家に休みはありません。一日休むと、なすが大きくなりすぎて、出荷できなくなってしまうからです。牛も生き物なんで、毎日餌などの世話が必要です。私は福岡県で結婚式を挙げたのですが、農作業があるからと、祖父母は結婚式に参列できませんでした。最近、祖父も祖母も鬼籍に入ってしまいました。その葬儀の時も、叔父は、当然のように牛の世話をやった後、喪主として参列していました。

    そういった、日常生活、非日常生活を犠牲にしながら、生産者は日々、農業に取り組んでいます。その生産現場の状況を、どうか皆様ご理解いただきたいと思います。

    私どもかわさき屋も、微力ではございますが、生産者と小売りの現場の橋渡しをしながら、生産者の努力や情熱をお伝えしていきたいと思っています。そして、消費者の皆様の満足と同時に、生産者の満足も合わせて得られるよう、今後も取り組んでまいりたいと思います。

    大相撲夏場所注目点

    こんにちは。

    花粉もなく、一年で一番過ごしやすい時期ですね かわさき屋店主 川﨑です。

    明後日から始まる大相撲夏場所。世代交代がなかなか進まない感がありますが、ちょくちょく期待の若手が出てきているような感じでもあります。稀勢の里の休場も決まった今場所の、川崎的注目点、いくつか挙げてみたいと思います。

    1. 優勝争い

    場所前調子がよかった白鵬・鶴竜の両横綱。対照的に、怪我の影響が懸念される大関高安。基本的にはこの三名の争いになるかと思います。高安は、場所前調子悪くても、なんだかんだで本場所星をあげますし、逆に、両横綱は、最近は場所前調子がよくても本場所で崩れる傾向が見られます。関脇以下で絡んできそうな力士だと、大関とりがかかる栃ノ心と、久々に関脇まで上がってきた逸ノ城の両関脇が、優勝争いのキーマンになりそうな気がします。そして、下位に落ちた貴景勝。怪我がなければ、上位総当たりの場所でも二桁勝てる実力者。怪我の具合次第ではダークホースになり得るかと思います。

    2. 栃ノ心大関取り

    長らく怪我に苦しんできた苦労人、栃ノ心。齢30にして、初の大関とり挑戦です。優勝した1月場所、前頭3枚目でしたので、どう評価されるかと思っていたのですが、大関とりの起点として評価してもらえたみたいです。暗黙の了解として、3場所の合計星数が33番以上が大関とりの条件。14勝、10勝ときているので、二桁勝てば間違いなく大関でしょう。問題は、初の大関とりというプレッシャーに打ち勝てるか。過去、名だたる名力士たちも、初の大関とりは苦労しています。実力的には十分だと思いますが、このプレッシャーに打ち勝てるのか、注目です。

    3. 若手大関候補

    個人的に最有力とみていた阿武咲が、怪我のため十両転落。貴景勝も先場所のけがで前頭11枚目まで落ちてしまいました。今場所大勝ちすれば期待大ですが、星をあげれないようだと、もうしばらく時間がかかるかなー。そして大卒力士。御嶽海・正代・北勝富士あたりが注目ですが、ちょっと大関の器じゃない気もしてきました。以前から追っていた正代以外の4人、御嶽海以外は三役定着できず、御嶽海は三役で勝てない。もう少し頑張ってもらいたいですね。そしてそんな中、期待の新星阿炎。師匠寺尾譲りの突き押しが魅力ですが、ちょっと変わってみたりするなど、勝汚い面も見られます。ただ、軽量力士ですので、そういった工夫、個人的にアリだと思っています。入幕から二場所連続で10勝での上位総当たり場所。どういった結果になるか楽しみです。

    以上の点踏まえてみると楽しめるんじゃないかなーと思います。皆様もご一緒に、大相撲、楽しみましょう!!

    地域経済牽引計画の認定を受けました。

    こんにちは。

    公的な申請は、手間がかかってしんどいです かわさき屋店主 川﨑です。

    さて、標記の件。この度かわさき屋、宮崎県に申請していました、地域経済牽引計画の承認を受けることができました!!

    なにそれ?って思われる方、多いかと思います。簡単に説明いたしますと、国が定めました、『地域未来投資促進法』に基づき、地域の発展に寄与する計画に対し、県が承認してくれる申請です。これが承認されると、減税や県の支援など、色々な優遇措置があるという優れもの。まぁ、要するに、かわさき屋、これから地域発展に向かって邁進していきます!!っていうのを、県が応援してくれるような感じです。詳細は下記リンク参照してください。

    こういった、公的な認定を受けるのは、今回が初めてです。承認してくださった宮崎県に、『やっぱり承認して正解だったね』と思ってもらえるような成果を出せるよう。また、支援以上の税金を納めれる企業になれるよう、頑張って成果を出していきたいと思います!!

    宮崎県:地域未来投資促進法に基づく支援等について

    ぐるなびブログ『ippin』に掲載していただきました。

    こんにちは。

    GWは非常に不摂生な生活をしてしまいました かわさき屋店主 川﨑です。

    酒と肉に溺れ、体重にも体調にもわるい、でも楽しい連休を過ごしました。このツケを支払うために、運動に、食に、ちょっと調整をかけなければ…。と感じております。そこで活躍するのが、やはりかわさき屋の乾物です(ステマ)!!

    というわけで、今回、ぐるなびブログ『ippin』で記事を寄稿されているブロガー、Yoshifumi Inoue 様に、弊社の商品に関する記事を取り上げていただきました!!昨今、健康ブームが沸き起こる日本。その中で、乾物の有用性が見直されてきています。Inoue様には、かわさき屋の商品の魅力やこだわりを、とても詳細に、伝わりやすく記事にしていただきました。切り干し大根を筆頭に、スライスにんにく、きくらげと、かわさき屋主力商品3種類。かわさき屋商品の使用感とおいしさ、そして、『こんな使い方、面白かったですよ』といった、おススメ商法なんかも記事にしていただいています。

    皆様、是非下記リンクから記事をご覧になり、かわさき屋の商品、ご利用ください。かわさき屋のCOOKPADサイトも一緒にご覧になってくださいね。

    Yoshifumi Inoue 様、ありがとうございました!!

    記事のリンクはこちら

    【宮崎県】熱帯フルーツだけでない、きっと2度は恋する「宮崎県産切干大根」

    COOKPADページもご一緒に https://cookpad.com/kitchen/12792876