店主の日記
  • 2016年大相撲総括

    こんにちは。

    今年一年の大相撲も終わりました かわさき屋店主 川崎です。

    さて、今年の締めの九州場所も終了ということで、九州場所の結果を踏まえた2016年の総括、そして、2017年の展望を描いていきたいと思います。

    1.本命不在の大混戦

    2015年の大相撲、白鵬が3回優勝、日馬富士 鶴竜 照ノ富士が1度づつの優勝でした。そして2016年は、白鵬2回、日馬富士 鶴竜 琴奨菊 豪栄道 がそれぞれ1回ずつ。非常に混迷を極めた一年間だったと思います。今年の初めに、いったい誰が豪栄道・琴奨菊の優勝を予想したでしょうか。しかし、九州場所の様子を見ると、絶対王者白鵬はもう帰ってこないんじゃないかと。そして、琴奨菊。九州場所4番しか勝てなかったですし、そろそろ引導を渡す若手が出てきてほしいですね。豪栄道においても、秋場所全勝優勝したものの、九州は9勝。今年は一桁勝利4回。うち負け越し1回。現在、次の大関候補と目されているのが、高安・正代あたりでしょうか。そろそろ、琴奨菊と豪栄道に引導を渡してほしいところ。そして問題力士、稀勢の里。69勝で年間最多勝は立派。1桁勝利は1回。優勝次点が4回。通算優勝次点数が、たぶん14回の稀勢の里。正直、これだけの成績を残せる力士が、なぜ優勝できないか不思議でしょうがない。今年の勝率、75%オーバーですよ。来年以降に期待したいけど…。

    2.来年の展望

    ポスト白鵬の最有力と目されていた照ノ富士が、怪我で精彩を欠き続け、同じく逸ノ城、伸び悩んでいます。私が見るに、現在の大関候補最有力が高安、その次ぐらいに遠藤、正代の本名トリオあたりが期待できますかね。ただ、横綱候補たりえるかとえいば、疑問符が付きます。来場所新入幕予定の佐藤あたりに盛り上げて欲しいものですが。どこかの誰かがブログに書いていましたが、今の状況は、『世代交代』ではなく、『世代後退』であるということです。言いえて妙だなと思います。

    3.今後の期待の力士

    新入幕予定の、佐藤 小柳、十両で活躍している阿武咲あたりが、将来期待できそうかなと。輝はなんだか勢みたいなエスカレーター力士になりそうな気がします。

    日本人の横綱候補力士が早く出てきてくれることを願いつつ、来年も大相撲、楽しんでいきたいと思います!!

    切干大根 産地の現状 11月25日

    こんにちは。

    宮崎にも冷たい西風が吹いてきました かわさき屋店主 川崎です。

    さて、西風が吹くと、切干大根の本格生産が始まってまいります。かわさき屋としても、一年で一番忙しい時期のスタートです。通常の出荷も増えてきますし、それに加えて原料集荷もスタートしますので、かわさき屋、てんやわんやの大騒ぎになります。まぁ、この時期ヒマだったらお話になりませんので、体調に気を付けて、皆様に安定供給すべく、全力を尽くしていきたいと思います。

    今期の切干大根ですが、やはり大根の生育が非常に悪く、相場の高騰が確実視されています。一部の情報では、過去10年間の中で、生産量は最悪になる可能性があり、例年比6割程度しかできてこないのではとの予測もあります。つい最近初セリが実施されましたが、品質の悪い切干大根でも、競り値が14,000円/10kg(平年の初セリは4~5,000円/10kg)と、私が見たこともないような高値がついています。

    実際圃場の状況を見ても、大根の大きさが、平年の半分くらいしかないのではというようなサイズ感です。少なくとも12月は、昨対比25~50%高くらいの高値で推移するのではと思われます。1月以降の大根は、そこまで状況が悪くないのではとの予測もありますが、予断を許さない状況が続くと思われます。

    状況は随時変化していきますので、詳細を確認したい方は、遠慮なく川崎までお問い合わせください。

    (再掲)九州・山口こだわりの食大商談会 参加のお知らせ

    こんにちは。

    冬が近づいてきてますね かわさき屋店主 川崎です。

    さて、早くも来週になります、九州・山口こだわりの食大商談会。多くの皆様に来ていただきたいので、再度皆様にお知らせいたします。

    今回の目標といたしましては、地元九州の小売店の皆様、もしくは、九州の小売店に販路を持っている皆様をターゲットにしたいと思っています。ご来場予定の皆様、ならびに、行ってみよっかなーと思っていらっしゃる皆様、11月22日は、ぜひ会場へ足をお運びください!!
    詳細は下記に記しています。
    皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。

    ちなみに、同日隣にて大相撲九州場所が開催されています。交通手段に気を付けてご来場ください。

    場所 福岡国際会議場 2階多目的ホール・メインホール
    日時 11月22日 11:00 ~ 17:00

    ※今回は個人のお客様を対象とした展示会ではございません。ご了承ください。

    宮崎日日新聞様に取り上げていただきました

    こんにちは。

    食欲の秋 料理の秋 かわさき屋店主 川崎です。

    さて、先日お伝えいたしました、かわさき屋レシピの件、新聞に取り上げていただきました。かわさき屋の『レシピ提案会』の取り組みが、宮崎日日新聞様の目に留まったらしく、早速昨日、取材に来てくださいました。

    キッシュやヨーグルトサラダ、とんぺい焼きなど、弊社自慢のレシピを実際に見て、食べていただいたのち、この取り組みについて詳しくご説明させていただきました。レシピ提案会を通じて、

    ①広く、若い消費者に、色々な切干大根の食べ方を知っていただきたい

    ②料理を利用したPOPを作成し、小売店の皆様の販売拡大の一助となりたい。

    ③アクセス数をもとにしたデータで、広告効果を数値化し、卸売業者様へのPRおよび営業活動の一助としたい。

    ④提案会・試食会を通じて、従業員一同のモチベーションアップと、コミュニケーションの場を作りたい。

    ⑤切干大根の市場拡大のきっかけとなり、生産単価アップ・生産量アップに繋げ、生産者の生産意欲を高めたい。

    と、1つの手でいくつ効果を期待しているんだ?と、突っ込まれかねない欲張りさんですね。しかし、目に見える効果として、②③④に関しては、既に一定の効果が出ている実感がございます。これからは、特に①と⑤の取り組みで成果が出せるよう、地道に・確実に活動していきたいと考えています。ちなみに、こんな感じで記事にしていただいています(下部記事参照)。小さいですが、弊社の取り組みをしっかり記事にしていただけました。宮崎日日新聞社、草野様に感謝です!!ちなみに、写真に写っているレシピ、リンクを下記に用意しますので、ご覧になってください。ちなみに、記者の草野様からは、キッシュが一番おいしかった!!との評価をいただきました。

    ぜひ、本日の宮崎日日新聞およびかわさき屋のCOOKPADをご覧になってください。

    つくれぽもおまちしています!!

    クリスマスに☆白菜とベーコンのキッシュ ← 記者の方から高評価!!

    バジルが香る♪切干大根のヨーグルトサラダ ← 記事に出てきたレシピ①

    子供も大好き☆切り干し大根でカルボナーラ ← 記事に出てきたレシピ②

    もう一品、その時に☆切干大根で簡単サラダ ← 記者の方に興味を持っていただいたレシピ

    ♪食物繊維たっぷり♪簡単とんぺい焼き ← 居酒屋メニュー。ヘルシーでおいしいですよ!

    簡単常備菜◆切干大根ときくらげの塩ナムル ← ダイエットしている方におススメ!

     

    大相撲九州場所展望

    こんにちは。

    一年の締め、九州場所開幕 かわさき屋店主 川崎です。

    今場所は非常に見どころが多い場所になります。ポイントをピックアップしてご紹介。

    1. 豪栄道綱とり 高安大関とり

    最大の見どころはこの2点でしょう。豪栄道・高安ともに、かなりの仕上がりを見せているという印象を持っています。豪栄道に関しましては、二所ノ関一門での連合稽古で、稀勢の里・琴奨菊両大関を圧倒。稀勢の里はその日体調悪かったみたいですが。加えて、出稽古で日馬富士を圧倒。高安に関しては、部屋の三番稽古で、兄弟子稀勢の里相手に4-11となかなかの善戦。そして、豪栄道と高安は、11-9とほぼ五分の結果らしいです。初日は、豪栄道・高安ともに相手を圧倒。二日目に二人が直接対決です。勝って当然の豪栄道、負けるようであれば、綱は絶望的でしょう。逆に、高安が勝つようなことがあれば、大関とり、ぐっと近づくんじゃないでしょうか。

    2. 稀勢の里 日馬富士 年間最多勝争い

    稀勢の里57勝、日馬富士56勝と、場所前は僅差で稀勢の里リード。初日、日馬富士が敗れる波乱もあり、稀勢の里が一歩リードしています。大勝ちしないが安定感抜群の稀勢の里と、波に乗れば圧倒的な強さを見せる日馬富士。ただ、日馬富士、今場所仕上がりがイマイチな気が…。逆に稀勢の里、13勝くらいして優勝できれば、横綱の声もかかってくる可能性アリ。さらには、全勝優勝でもしようものなら、6割くらいの確率で横綱になるかも。しかし、12勝で稀勢の里が最多勝になったとしたら、年間69勝での最多勝。70勝いかない最多勝というのは、ちと寂しいような気もします。

    3. 白鵬

    休場明けの白鵬、今場所の成績は、来場所の相撲界を占う重要な指針になるような気が。ただ、衰えが指摘されている昨今にしても、過去1年間で優勝2回、一桁勝利0は、やはり圧倒的。最近増えてきた休場も、長く活躍するにはちょうどいい休養期間といってもいいかもと私は思っています。ただ、今場所11勝以下だったら、私の中では、圧倒的王者白鵬の評価から、普通の強い横綱白鵬に格下げになりますね。何れにせよ、来年以降の相撲界、混沌としてくるのは確実かと思います。

    4. 優勝争い

    今場所の優勝争い、予想が非常に難しいです。最近毎場所言っている気がしますが。場所前と初日を見たうえで、優勝争いをリードするのは、豪栄道と稀勢の里ではないかと。そして、キーマンが、白鵬と高安。まず、豪栄道、先場所からの好調を維持している印象です。初日の栃煌山線、土俵際の栃煌山の抵抗も難なくかわしました場所前の調整も万全ですし、優勝・そして綱取り、現時点で5割くらい可能性あるんじゃないかと。そして稀勢の里、久々に注目を浴びない場所ですね。初日、苦手の碧山を難なく退けた一番、先々場所までの姿とかぶるかなと。そして、イマイチ場所前の情報が出てこない白鵬。この力士、最近は本当に調子を図るのが難しい。15日間通じて、目が離せないでしょうね。そして、高安。今場所も、横綱・大関陣をかき回す力士は、この力士を他においていないでしょう。兄弟子の援護射撃も期待したいところですが、援護射撃をし続けた結果、自分が賜杯を手にする、といった可能性もアリではないかと。

    以上、十両の郷土力士、琴恵光の新入幕も期待されますが、そのほか新鋭力士の台頭も期待しつつ、九州場所、楽しんでまいりましょう!!