かわさき屋店主の日記

気象災害と農業

こんにちは。
最近は天気がおかしいですね かわさき屋店主 川崎です。

切り干し大根、3年前くらいから生産量に異常が出ています。ということで、一昨年、昨年と、二年連続で価格が上昇しています。概ね、3年前と比較して、切り干し大根の価格、小売りベースで50%くらい上昇しているのではないでしょうか。今秋から今冬、天気が良くて切り干し大根の趨勢も回復してくれれば、またお買い求めいただきやすい価格に戻せると思うのですが…。まぁ、予断でお話をするのはこの辺までで。

さて、昨日、東北地方から北海道にかけて猛威を振るった台風10号、いまだニュースを賑わせています。正直、台風慣れしている九州民からすると、なぜあの程度の規模の台風で?となるかもしれませんが、ニュースなどから状況を紐解くと、災害頻度とそれに対するインフラ整備の観点から、ああなるのも納得な状況なんだろうと。
そして早速、農作物へのダメージの報道も。

http://ur2.link/yasT

といったところで、たぶん私たちの生活に大きくかかわってくるであろう点、じゃがいもが大ダメージを受けているようです。また、スイートコーンもですが、甜菜なんかは、こだわって加工品を作る、中小零細の食品加工業者にとっては、非常に大きなダメージになるんじゃないでしょうか。

切り干し大根におきましても、一昨年は、播種の時期に台風が連発したために、芽が出なくなって、最終的に例年の6割程度の生産量になりました。昨年は、エルニーニョ現象からくる暖冬で、冬場雨が多く、大根を干し切らず、やはり例年の7割程度の生産に落ち着いてしまったという状況でした。なんとなくですが、ここ数年、いろいろな作物が高くなっているという報道を耳にします。
生産現場の傍らで仕事していて思うことは、今の状況が常態化すると、『安価で国産作物が手に入る時代は終わる』可能性があるということです。気象の不安定化に加え、生産者の減少も全国的に起こり、もはや安定的な供給体制は維持できないのではという懸念があります。

気象に関しては、個々の力ではどうしようもありません。しかし、生産者数の確保に関しては、私たち流通業者、そして、消費者の皆様の理解で、何とかなる点もあるかと思います。政策面で、農業所得を増やそうという取り組みが活発に議論されています。かわさき屋といたしましても、流通コストの削減・小売り現場での展示の提案などから、微力ではありますが、全力を尽くして、安定的な生産現場の確保に努めたいと思います。

8月 COOKPADまとめ

こんにちは。
思うところがあり、このコーナー再開いたします かわさき屋店主 川崎です。

さて、COOKPADの成果発表、以前はちょっとだけやっていましたが、皆様への御礼とご報告を兼ねて、再開することにしました。

8月レシピ公開数 16レシピ
・切干大根 14レシピ
・乾燥スライスにんにく 5レシピ
・乾燥きくらげ 2レシピ
8月カテゴリ掲載数 10レシピ

レシピ公開、結構頑張りました。昨年7~9月は、今までブログで公開していたレシピをアップしていましたので、新規のレシピのみ公開しだしてからは最多の更新数となります。自力ではどうしようもない、カテゴリ掲載数に関しましては、通常よりも少し少なめでした。

8月 アクセス数 84,368アクセス

以前のアクセス数はご報告していませんでしたが、ここ5か月はアクセス数が6万超え。ここ2か月に関しましては、連続で8万越えを達成。年間100万アクセスを目標としていますので、そのためには月間8.4万アクセスが必要。このペース、維持していきたいなーと思います。

8月 人気レシピ
1位 薬味たっぷり☆冷しゃぶサラダ  (乾燥きくらげ) http://cookpad.com/recipe/4006039
2位 調味料一つ☆ズッキーニと鶏肉のバジル炒め  (乾燥スライスにんにく) http://cookpad.com/recipe/4019201
3位 ♪鶏胸肉とカボチャで♪夏の旬サラダ  (乾燥スライスにんにく) http://cookpad.com/recipe/3983408

やはり、夏素材強いです。かぼちゃって、実は夏野菜なんです。冬至のイメージがあったり、ちと熟成かけたほうがおいしいので、秋のイメージがあるかもしれませんが、夏収穫のお野菜。そして残念なのが、切り干し大根のレシピがイマイチアクセス伸びない。皆様、夏も切り干し大根おいしいですよ!!

8月 かわさき屋社内レシピコンテスト
優勝 薬味たっぷり☆冷しゃぶサラダ  (乾燥きくらげ) http://cookpad.com/recipe/4006039

かわさき屋、社内で月一度くらい、レシピの提案会を行っています。その中で、最も優秀なレシピに賞金が出ます。基準は単純。アクセス数が多いこと。今回は、弊社瀬尾が作ったこのレシピが優勝。ちなみにテーマは、COOKPADレシピコンテストのテーマを引用します。今回のテーマは、『薬味・ハーブを楽しむ』でした。薬味・ハーブを使用したいろんなレシピ載ってますので、ぜひお試しあれ!!

さて、今月のご報告は以上。
皆様の閲覧と、何よりつくれぽがみんなのやる気を支えています。
どうぞ、かわさき屋レシピページ、これからも応援、よろしくお願いいたします。

http://cookpad.com/kitchen/12792876

日々のご愛顧 誠にありがとうございます。

こんにちは。
本日より5期目突入 かわさき屋店主 川崎です。

2012年9月3日に登記いたしました弊社かわさき屋。本日でようやく5期目のスタートとなります。
起業して5年以上残る会社は15%程度と言われています。5期目となる今季、今年一年は、本当に勝負の年になってくると感じています。
起業してからの4年間は、本当に、これまで過ごした37年少々の中で、最も内容の濃い4年間でした。嬉しいことや感動したことなど、多々ございましたが、それ以上に苦しいこと、悩んだこと、くじけそうになったことが多かったと思います。そういったものを乗り越え、5期目に至ったということは、これもひとえに、私にかかわってくれたすべての方のおかげだと思っています。

開業前からお世話になっている、先輩経営者の皆様のアドバイス。
開業前から、変わらぬ取引を続けていただいたお客様。
展示会や商談会、小売店などでで目にとめていただき、弊社の商品を気に入ってくださったお客様。
セミナーなどで一緒になり、私の知らない知識を教えてくださった講師の皆様。
共に学んで切磋琢磨してくれた仲間たち。
よい時も悪い時も、私のことを応援してくれる家族や友人たち。
共に汗をかき、知恵を絞り、全力で商品とお客様に向き合う従業員一同。

他にも、書ききれない皆様のおかげで、明日からの5期目を迎えることができることに、この場を借りて、改めて感謝申し上げます。

幸い、弊社の商品を、私が当初想像していたよりも多くの方々に気に入っていただいていると感じています。開業当初、かなり厳しめの、5期分の売り上げ計画を立てましたが、早くも4期目でその数値を達成でき、5期目はより高いところを目指すことができています。

これからも私川崎、そしてかわさき屋は、全国で弊社の商品を手に取ってくださるお客様のため、地域の発展のため、従業員の幸福のため、全力で業務に取り組んでいく所存でございます。
これからも変わらぬご愛顧のほど、そして、ご指導、ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

フードエキスポ九州 参加のご案内

こんにちは
気温は夏真っ盛り かわさき屋店主 川崎です。

さて、標記の件ですが、このたび、10月4日~6日まで開催されます、フードエキスポ九州に参加させていただくことになりました。
詳細は以下に記しますが、国内外の業者様に向けた展示会となっており、昨年実績で150社が参加されたとのこと。かわさき屋、正直九州がまだ弱いので、これを機会に、いまお取引いただいている業者様方と交流を深めるとともに、九州の小売店様などに認知していただければと考えています。

当日は私一人で参加いたしますので、若干手際が悪く、ご来場いただく皆様にご迷惑をおかけするかと思いますが、その辺はご容赦いただければありがたいです。今回は、個人のお客様を対象としたイベントではございません。詳細は以下に記しますので、興味のある方、ぜひおいでください。

場所 福岡国際センター(福岡市博多区築港本町2-2)
日程 2016年10月4日(火)~ 6日(木)
主催 Food EXPO Kyushu 実行委員会
対象 国内外の食品流通企業、中食・外食関係者、ホテル、通販、商社等のバイヤー(一般来場不可)

宮崎県の雇用と給与と最低賃金と…。

こんにちは。
賃金の上昇圧力は、ありまぁす(小保方風) かわさき屋店主 川﨑です。

さて、いきなりですが、わたくし川崎、起業するうえで、いくつかの目標と志がありました。その一つが、『宮崎に良質な雇用を』というものでした。私が宮崎に戻ってきてから、最初に就職した会社。毎日サービス残業当たり前。繁忙期は休みなし(27連勤とか普通)。休日は広島時代の75%、給料は広島時代の60%。ちなみに、最初の約束とは、雇用条件がびっくりするくらい違っていました。できたばかりの会社だから仕方なかったとしても、経営者となった今でも、『ないわー…。』と思ってしまいます。

これはちょっと特殊な例かもしれませんが、各種初任給や平均給与などから推察するに、労働者の立場からみた宮崎の雇用、他県と比較すると、非常に条件が悪いと思います。高校卒業した後、4割以上の学生が県外に就職する現状も納得です。そんな状況で、優秀な学生や、Uターンを希望している県外労働者、宮崎で働こう!!と思うでしょうか。

従業員に対する給与、コストではなく、投資として見ていきたいというのが、私の考えです。全国的に見て普通の給与を払うことで、やっと全国的に見て平均的な従業員を雇える。そうすることで、全国の同業他社と、ようやくスタートラインが同じになるという考え方です。特に弊社のような小さい企業は、人こそ最大の戦力。最大の戦力に最大限の投資をして初めて、十分な売り上げを上げることができるのではないかと考えています。

私の目標としては、大卒新人が、弊社で33年働けば、パートの奥さんと二人で、子供3人何とか県外の国公立大学へ通わせることができるくらいの給与を得ることができる職場を目指しています。そして、経営者の皆様に対して、給与をある程度高めに支払ったほうが会社として儲かる!!といった認識を広めることで、宮崎の雇用状況の改善に、一石を投じることができればなーといった希望を持っています。

なんだかんだで宮崎県が大好きな私です。宮崎で働きたい!!と思っている皆様が報われる状況を作る一助ができれば、それは何よりの喜びでございます。

かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。