かわさき屋店主の日記

大相撲秋場所雑感

こんにちは

秋場所中、色々なことありましたが無事終了 かわさき屋店主 川﨑です。

さて、横綱大関不調の中行われました秋場所。振り返ってみたいと思います。

1. 優勝争い

最後までもつれた優勝争い。目まぐるしくトップが入れ替わる中で、最後に賜杯を抱いたのは、二度目の優勝関脇御嶽海。鋭い出足からの突き押し相撲で、見事12勝での優勝でした。12勝での優勝、レベルが低いとかいう解説者いますが、白鵬・朝青龍以前は普通にあった成績。私は十分立派だと思うんですがね。豪栄道相手に変化があったりと、その辺も物議をかもしていましたが、まぁ、そこらへんも含めて御嶽海の魅力なんじゃないでしょうか。今場所が御嶽海、大関昇進の起点になるとの報道が。先場所9勝だったことを考えると、来場所11勝で大関昇進が見えてくるところですが、どうなんでしょうかね。

2. 貴景勝

いやー、今場所一番良かったの、実は貴景勝だったんじゃないですか。実は私、絶対二桁勝てないと思っていました。蓋を開けてみれば、初日からいつもの貴景勝。下からの突き押しが威力十分で、電車道の相撲もいくつか見受けられました。千代大龍の変化に落ちたのは残念でしたが、その他の負けた二番も、まあしゃーなし。完全ふっ長で、来場所から大関復帰。次は横綱目指して頑張ってほしいものです…。といけばよかったんですが。優勝決定戦後、胸を痛がる貴景勝。報道では、大胸筋断裂らしいです。これ、稀勢の里や、柔道全日本監督の井上康生さんとと同じ怪我。押すときに使う筋肉って、胸の筋肉なんですよね。突き押しが身上の貴景勝にとって、この怪我は致命傷になる可能性も。というか、相当ヤバい怪我です。今のスポーツ医学がよくわからないんですが、無事回復してくれるといいんですが…。

3. その他幕内

ベテランの隠岐の海が11勝というのは特筆すべきですが、期待の若手がいい成績残していたのも好材料ですね。朝乃山が10勝をはじめ、上位総当たりで阿炎・北勝富士が勝ち越し。下のほうはイマイチパッとしませんが、このあたりの力士がもう少し伸びてくれれば、世代交代も一気に進むんじゃないでしょうか。これらの力士+阿武咲が頑張ってくれれば、横綱大関の顔ぶれもだいぶ変わってくると思います。今場所の横綱大関、豪栄道のみが何とか仕事した感じ。白鵬はじめ、今の横綱大関を力で引きずりおろす若手の台頭が望まれます。

4. 十両

新十両の琴の若、途中までは良かったんですが、後半失速しましたね。21歳と非常に若く、また、お父さんは元関脇琴の若。おじいちゃんはもと横綱琴櫻と、血筋的にも期待できます。お父さん越え、そしておじいちゃん越え目指して頑張ってほしいものです。それと、貴乃富士の不祥事もあり、多分来場所、十両の枠が5つくらい空くと予想しています。そうなってくると、多分琴手計と豊昇龍あたりも新十両に引っかかってくる可能性が。どちらも昨年高校を卒業したばかりの期待の若手。多分、十両昇進までのスピード、朝青龍に並んだんじゃないでしょうか。この二人に水をあけられたものの、10枚目で勝ち越した納谷と15枚目で勝ち越した塚原。この4人、本当に楽しみです。個人的に十両の見どころが増えてたんじゃないかなと思っています。

以上。特に貴景勝のケガが心配ですが、何とか持ちこたえてほしいものです。というわけで、来場所も楽しみにしたいと思います!

大相撲秋場所予想

こんにちは。

二場所ぶりの大相撲記事 かわさき屋店主 川﨑です。

名古屋場所中はちょっと仕事が忙しく、相撲記事を書くことができませんでした。全国のかわさき屋相撲記事ファンの皆様、大変申し訳ございませんでした。というわけで、今場所から再開いたします。初日は終わりましたが、今場所の注目点をいくつかピックアップ。

1. 優勝争い

優勝争いの本命に白鵬、対抗に高安を考えていたのですが、白鵬がまさかの初日黒星。高安に至っては、足のケガが回復せずに休場という体たらく。そうなってくると、俄然クローズアップされてくる鶴竜。そして、カド番大関豪栄道。…、なんですが、期待できるかなー。川崎の中ではやはりこの二人、ちょっと信頼感に欠けるというか。いや、この二人が中心になることは間違いないと思うんですよ。ただ、どちらかが優勝する確率、やはり5割程度かなと。となると、気になるのが関脇以下の力士。御嶽海も黒星だし、貴景勝は場所前不調。小結二人は黒星発進…。ですが、北勝富士と逸ノ城、初日良かったですね。一気の押しで白鵬を土俵の外へ押し出した北勝富士。立ち合い早々の前まわしをとり、大関栃ノ心を圧倒した逸ノ城。特に逸ノ城、乗った場所は本当に強い力士。今場所のダークホースになりそうな予感です。

2. 貴景勝の大関復帰

厳しいでしょうねー。場所前の内容がすこぶるよろしくない。膝の調子は良いとは本人言っていますが、それにしてもちょっとよろしくない。初日のないよう見てみますと、追い込んでも仕留めきれない詰めの甘さと、逆に、引かれても落ちない強さと、判断が難しいような内容でした。相手は大栄翔と、上位陣の中では比較的安牌な相手であることを考えると、大関復帰には勝って当然の相手。初日みたいな相撲を続けていけば、二桁も無理ではないと思いますが…。

3. 世代交代が…

2年前くらいから言われている世代交代。なかなか進みませんねー。朝青龍がいたときの白鵬や、白鵬がいたときの大関陣。そして、怪我で落ちてしまった照ノ富士みたいに、強い上が居座っている中で伸びてくる若手が見当たらない。しかも、今の横綱大関陣、もういい感じにロートル。彼らを追い落とし、向こう二年以内に総とっかえしているくらいでないと、今の若手、ちょっと問題ありすぎな気が…。

以上。ちょっと盛り上がりに欠けていますが、今場所もじっくり観戦したいと思います!!

フードストアソリューションズご来場の御礼

こんにちは

ご来場感謝 かわさき屋店主 川﨑です。

今回開催されました、フードストアソリューションズフェア2019、沢山の皆様にご来場いただき、誠にありがとうございます。今回も、切干大根メインでご紹介させていただきましたが、開発中の新商品に対するご意見をうかがう場にもさせていただきました。貴重なご意見を多数賜りありがとうございます。今後の商品開発にも生かしていきたいと思います。

今回の展示会、久々の大阪ということでした。事前に案内状を送付させていただいたおかげか、大阪の既存のお客様にも多数来ていただけました。私が現在関東に軸足を置いており、なかなかご挨拶ができていない状況です。今後、関西のお客様にも商品を届けるべく、重点的に営業をかけていこうかと思います。もう少しこまめにご挨拶に回れるよう、頑張ってまいりたいと思います。

現在かわさき屋の商品をご愛顧いただいている皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

今回初めてお会いした皆様、是非弊社商品お取り扱いのご検討、よろしくお願いいたします。

続けると見えてくるもの

こんにちは

この記事に目を通してくださっているあなたに感謝 かわさき屋店主 川﨑です。

かわさき屋のブログ、通算で結構記事をアップしています。開店当初からすると、その数なんとこの記事含め402本。美味しいもの日記も含んでの数ですが、今のところ年間平均57本の記事をアップしています。大体週1回の更新と考えると、なかなかの数だなーと実感。そのうち相撲の記事は何本あるんだろう…。なんて考えてみたり。初期のころのブログを見返してみると、結構な頻度で更新しています。確か、キーワード検索してもヒットしなかったので、意地になって頻繁に更新していたような。プライベートもブログでアップしていたり、やけに内容が軽かったりと、他人が見ることを全く想定していない様子がありありと文章から読み取れます。店主川崎当時33歳。若さゆえの怖いもの知らずって感じです。

あれから7年。

7年間で大きく変わった点の一つが、私のブログに目を通してくださる方が増えたことです。お取引先様や、職員募集の応募で来てくれる方、よく展示会で一緒になる方など、『ブログみてるよ』と声をかけていただける機会が増えました。ああいう声、本当に力になります。ありがとうございます。そんな感じで、私をどんどん褒めて伸ばしてください。 記事の内容も、ちょっとづつ変わってきています。今のメインは、①業務連絡 ②私の考えの発信 ③大相撲 この3つですね。③も、意外と大切にしています。個人のFBと一緒で、少しだけ川崎を身近に感じていただければと思って書いています。②については、お客様以外にも、求人の応募してくださる方に結構見ていただけています。

何となく個人的に感じていることは、②と③の記事、やってて全く損がない。というか、非常に良いことが起こる気がします。お客様の中にも、私の人となりをブログで判断してお会いしてくださる方もいらっしゃいます。また、遠くてお会いしたことないお客様と、電話で相撲の話をしてみたりとか。そんな感じで、私とお客様、会社とお客様との距離を縮めるコンテンツになっていそうな気がします。

今後も、皆様により身近にかわさき屋を感じていただけるように。また、ありのままのかわさき屋および私川崎を発信していくように。今後も少しだけ更新頑張ってまいります。是非今後とも、店主のブログをよろしくお願いいたします。

サイトリニューアルしたら、切干大根の料理ブログもちょっと頑張ります。

こんにちは

人生山あり谷あり かわさき屋店主 川﨑です。

非科学的な話ですが、生きていると、波を感じることってありますよね。ちょい前に終わった麻雀漫画、『アカギ』とかでも、波とか流れとか、そんな感じのやつの話がよく出ていた気が。ロジカルに考えるとあり得ない話ではありますが、そこんとこどうなんでしょうね。

かわさき屋、再来月で8期目が終了いたします。思い返してみると、経営にもかなり波を感じました。飛躍の前には、必ずといっていいほど悪いことが起こっている気が。平穏な年と、波が激しい年、いつでもどちらかな気がします。大体が、悪い波が来た後には良い波が来る。正直、逆はあまり経験したことないです。流れが悪いときって、何をやっても空回り。そればかりか、次から次へと起こる問題。そして、何とかしようと立ち回るけれど、裏目に出て泥沼に嵌っていく。そんなループの繰り返し。もがいてもがいて、そうこうしているうちに、ふとしたきっかけで事態が好転する瞬間が訪れる。その時はそれって気づかないんですよ、でも、後々振り返ると、あぁ、あれがターニングポイントだったなって認識する。きっと、流れが悪いからって、じっと嵐が去るのを待っていたら、その後の飛躍のきっかけも掴めないんじゃないかな。色々試しながら、成果が出る方法を探っていく。その中でとった方策が、たまたま当たって苦境を脱出みたいな。しかも、以前同じことやって上手くいかなかったことが、なぜかこの時だけうまくいってみたりなんかしたり。もしかすると、これが成長ってことなのかなと。

あれやこれや試して失敗していくと積みあがる『これをやったらダメなんだ』というスキル。ダメだった経験を踏まえて色々なチャレンジを試行していく。そうすることによって、ある一点でちょっとしたブレイクスルーが知らぬ間に起こり、一気に色々な事態が好転していく。そのうち、その実力で行き詰るポイントまで仕事が舞い込んできて、ある日を境にまた壁ができる。そんな感じの繰り返しかもと、記事書きながら思ってみたり。

もしかすると、思いっきり悪いことが起こる = 悪いことではないのかも。もし、悪いことが起こるということが飛躍のきっかけになるのであれば、その事象を歓迎して、乗り越えた後の成長を想いながら、ちょっと楽しむくらいのメンタルで臨むと、経営に対するスタンスも、幾分か前向きになるのかもしれません。まぁ、そんな感じにメンタル調整ができれば苦労はないんですけどね。

とりあえずは、大きな飛躍を迎えられるよう、常々努力をしていきたいなと感じる今日この頃でございます。

かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。