かわさき屋店主の日記

大相撲初場所展望

こんにちは

今年の冬はあまり寒くないです かわさき屋店主 川﨑です。

さて、明日初日を迎える大相撲初場所。見どころをいくつかピックアップしてみたいと思います。

1. 横綱稀勢の里の進退

一番の見どころはこれです。秋場所で二桁勝ち、進退問題幕を下ろしたかと思った矢先、先場所一勝もできずに休場。やはり大胸筋断裂、深刻でしたね。報道では、なかなか良い状態で稽古ができているとのことです。二所ノ関一門の連合稽古で、先場所優勝の関脇貴景勝を圧倒したとのこと。稽古総見では精彩を欠いていたようですが、徐々に状態は良くなっているようですね。本場所初日は御嶽海。二日目は逸ノ城。難敵が続きます。個人的には、2日を白星で乗り切らないと、二桁勝利は厳しいとみています。そして、残留条件は最低二桁。特に、序盤の御嶽海は、相撲が非常に良いです。そして逸ノ城に対しては稀勢の里、非常に合口が悪い。そうなってくると、個人的には、稀勢の里の引退回避、2割以下の確率だと思っています。稀勢の里の大ファンなだけに、私の予想を裏切ってほしいのですが、果たして…。

2. 貴景勝大関とり

先場所13勝で優勝した貴景勝。先々場所が9勝ということで、11勝昇進ラインと言われているみたいですね。私の予想としては、大関昇進の可能性、5割超えると思っています。理由は2つ。まず、精神力と強さ。突然の親方の廃業。そして部屋の移籍。普通、こんなことあったら、まともな精神状態ではないと思います。そういった逆境を跳ね除け、まさかの初優勝。ここまでの精神力があれば、大関とりのプレッシャー、跳ね除けることができそうです。そしてもう一つ、彼の実績。実は貴景勝、上位総当たりの番付、6度経験していますが、先場所含め過去3度二けた勝利を挙げています。ちなみに、御嶽海は上位総当たり14場所中2場所のみ。上位をそこまで苦手にしないタイプの力士ですので、今場所活躍すれば、一気に角界の中心に躍り出るんじゃないかと期待しています。

3. 優勝争い等

優勝争い、高安中心に回ると思っていたのですが、まさかの高安インフルエンザ。となると、個人的に対抗馬とみていた白鵬の独壇場になる可能性も。鶴竜・栃ノ心は足に不安。豪栄道は豪栄道。関脇以下で優勝の芽があるのは、経験者の貴景勝、御嶽海でしょうか。ダークホースで阿武咲とか。優勝ラインは13勝とみていますが、ちょっと予想が難しいですね。個人的に活躍を期待しているのは、やはり貴景勝。そしてライバル阿武咲。阿武咲、ひざの状態が良ければ、番付も前頭中位ですし、結構星上げれそうな感じするんですよね。あと、上位の壁に跳ね返された阿炎。何となく、大卒力士は大成しないというジンクスに、御嶽海や北勝富士、豊山や朝乃山あたりがひっぱられそう。ということで、期待の若手の中でも、この三人に是非次代の横綱大関になってもらいたいと思います。

以上が川崎による今場所の見どころです。皆様、こちらを参考に、是非初場所、楽しんでください!!

 

あけましておめでとうございます

こんにちは。

今年もよろしくお願いいたします かわさき屋店主 川﨑です

2019年、平成最後の年および次の元号元年がスタートいたしました。かわさき屋、今年も従業員一同、消費者の皆様ならびにお取引先各位にご満足いただけるよう、全力をもって取り組んでまいる次第でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

毎年申し上げておりますが、『変化』というのは、長きにわたり存続していくうえで、非常に重要なファクターになると考えています。自動車メーカーのトヨタ自動車も、多分自社の定義を変えていました。正確には覚えていませんが、自動車を作るメーカーではなく、移動の楽しさを提供する会社へと革新していくような感じで私は受け取っています。創業80年を誇る、日本最大の会社でも、変化していくことを選んでいる昨今。かわさき屋の様な零細企業、より変化に敏感でないと、存続していけるわけがございません。

かわさき屋、本年早いうちに、事務所および作業場を引っ越す予定にしています。現在、新社屋を綾町内にて建築中です。仕入れが終わった3月に事務所を移転する予定にしています。ちなみに移転後、ちょっとした新展開を検討しています。ある程度は具体化していますが、もう少し詰めが必要な段階ですので、また明らかになってから皆様にはご報告いたします。切干大根をご提供することが中心のかわさき屋。当初の志を振り返り、宮崎県の良質な産品のご紹介という事業、こちらの具体化をちょっと頑張って進めていきたいなーと思っています。この取り組みは、その第一歩として展開していく事業という位置づけになります。これからの展開をより円滑なものにするためにも、上手いこと展開していきたいなと考えています。

今年も、こちらのブログやFBなどを使って、皆様にかわさき屋の情報、積極的に発信していきます。

今年も皆様、かわさき屋をよろしくお願いいたします。

そろそろ切干大根の季節

こんにちは

一気に冬がきましたね かわさき屋店主 川崎です。

寒い季節が来ると、ほとんどの方は億劫な、憂鬱な気持ちになるんじゃないでしょうか。手足は冷えてくる。風邪はひきやすくなる。光熱費がかかる。何より、寒い。しかし、一部の方はテンション上がってくると思います。何を隠そう店主川崎、そのテンション上がってくるタイプの人間です。理由はもちろん、質の良い切干大根ができるから。低い気温と冷たく乾いた西風で乾かされた切干大根は、まさに芸術品!もうすぐ皆様に、今年の新物、お届けできるかと思います。

さて、今年の切干大根の生産見通しですが、非常に見通しにくいシーズンになりそうですね。大根の作柄は、当初、台風の影響で、9月中盤以降に種をまいた畑は壊滅的だという予想だったんですが、11月温かく、雨も適度に降ったため、結構いい感じに成長しているような気がします。9月前半に種をまいた畑の大根は、非常に大きく育っており、大根だけ見ると、今期はなかなか豊作の年になるんじゃないかなと期待しています。

但し、こと切干大根に限ると、話は少し違ってきます。

切干大根、大事なのは大根の作柄もですが、これからの天気もこれまた大切。しかも、晴れるだけではダメで、気温が下がり、乾いた風が吹かないとダメなんです。気象庁の長期予報を見ると、かなりの確率で暖冬になりそう。雨は平年並みになりそうですが、この天気、風吹くの?と、ちょっと不安になってきます。大根はかなりの確率で豊作なんですが、切干大根になると、一反当たりの収量、平年並みくらいに収まるかなーって感じで予想しています。

そして、切干大根関係者のみならず、消費者の皆様も関心があると思われます、切干大根の今年の価格予想。出足は昨年とほぼ同等の相場になっています。ここからどう動くかですが、私の予想、12月の天気次第で、かなり上下すると考えています。12月が不作だったら、一気に相場上昇すると思うんですが、豊作だった場合、かなり下がるかと思います。その辺加味したうえで、だいたい昨年並みに落ち着くんじゃないかなーと考えています。但し、あくまで私の私見ですので、予想と大幅に違った場合はご容赦ください。

これからお天道様に祈りながら、切干大根のシーズン、過ごしたいと思います!!

大相撲九州場所および平成30年大相撲雑感

こんにちは 今年の相撲も終わってしまいました かわさき屋店主 川崎です。 さて、三横綱がそろって休場、大関豪栄道も休場と、先場所とはうってかわって寂しい場所になりましたが、本場所の雑感と、今年を振り返った上で、来年の相撲界を予想してみたいと思います。 1. 貴景勝と高安の優勝争い 今場所はこれにつきますね14日目の直接対決。高安が意地を見せ、千秋楽まで優勝決定が持ち越し。両者勝っての決定戦に期待していたんですが、貴景勝勝利後、高安まさかの御嶽海に土をつけられる相撲。御嶽海、調子悪かったんですが、完全に高安対策掴んでますね。貴景勝、何が強いかって、得意の突き押し相撲に徹し、15日間廻しをいっぺんも取られなかった事につきますね。身長が低く、手も短い、凡そ相撲に向いていない体。その体を最大限に生かし、冷静な突き押し相撲に徹するその姿勢が優勝を呼んだんじゃないでしょうか。御嶽海戦は完敗でしたが、高安戦は勝ち急ぎましたね。それにしても、1横綱3大関を倒し、13勝での優勝は立派だと思います。対して高安。私は千秋楽、突き押しで行くべきだと思っていました。御嶽海、体当たりから組み止める相撲、完全につかんでましたからね。前2場所、右から押っ付けての攻めで、完全に相撲で勝っていたと感じていました。高安、初優勝目前でするりと優勝が逃げちゃいましたね。今回の悔しさをバネに、また優勝目指してほしいですね。

2. 稀勢の里

そしてもう一つ。5連敗で休場に追い込まれた稀勢の里。やはり大胸筋断裂の影響は大きいと言わざるを得ません。はっきり言って、見るのも痛々しい相撲の連続。若いときからの腰高を克服できなかったツケ、ここにきて手痛い支払いをしている感じ。正直、私には稀勢の里復活のビジョン、全く浮かびません。大ファンだからこそ、この凋落が悲しくて仕方ない。横綱審議委員会も、来場所での進退と明言しました。僅かな可能性に期待したいと思いますが…。

3. その他の力士と来年の展望

その他の力士、特筆すべきは阿武咲でしょうか。まだ足のケガ、完治はもう少しかかりそうですが、下の番付で11勝は合格点でしょうね。足をきっちり治して、上で再び勝てるようになれば、再度大関候補に名乗りを挙げられるんじゃないでしょうか。そして、世代交代の波、来年一気に来そうな予感が。今場所優勝の貴景勝、先場所9勝なんで、来場所11勝すれば大関の声も上がりそう。22歳4か月での優勝は、歴代6位の若さ。初土俵から26場所での優勝は、歴代4位のスピード記録と、非常に素晴らしい記録です。3横綱と高安以外の大関、非常に不安定ですので、これから一気に角界の中心になりそう。そして、個人的には貴景勝よりも評価が高い阿武咲。差しても相撲が取れる分、貴景勝よりも相撲の幅が広い力士です。個人的には、次代の大関、この二人が最も近いと感じています。対して、大卒力士は伸び悩んでますね。優勝がフロックとみられている御嶽海。他にも正代・北勝富士・朝乃山・豊山。下手すると、三役でボチボチ活躍するだけで終わる力士になるかも。そして幕下。朝青龍の甥、豊昇龍の勢いがすごい。同期入門の、大鵬の孫で話題の納谷と比べ、開花が一足早いかも。そしてもう一人、琴手計。この三人、近いうち、幕内で大暴れするかも。個人的に注目です。

来年は大きく動きそうな大相撲。一月を楽しみに待ちたいと思います。

宮崎大学 インターンシップフェア参加しました

こんにちは

若い人と接すると、こちらも若返る気がします かわさき屋店主 川崎です。

遅くなりましたが、先週水曜日、宮崎大学にお伺いさせていただきました。目的は、宮崎大学の地域資源創生学部2年生の、冬季インターンシップ受け入れのためです。かわさき屋、まだ大学生の新卒受け入れていないんですが、若い方々への知名度向上 + 若い方々の感性に接することにより、私たちの学びになるという考え方から、インターンシップの受け入れを実施しています。実は、昨年、宮崎大学の2年生と3年生を受け入れています。その経験、非常によかったので、今年もぜひ来ていただきたいと考え、応募いたしました。かわさき屋のプログラム、今回も工夫を凝らした体験をしてもらう予定です。詳細はここでは省きますが、よい経験をしていただきたいと考えています。まぁ、正直なところ言うと、学生の皆さんへの知名度向上を目的としているため、何かしら形に残る、そして、なかなか経験できないことを体験してもらいたいと考えています。

思い返してみると、私も大学4年の時、インターンシップ、夏休みに行った記憶があります。その時は、一週間のインターンシップで、機械部品工場にお世話になりました。ただ、インターンシップの意味合いが、今ほど考えつくされていなかった時代。プログラムは、工場の作業体験でした。今回、宮崎大学の皆様、1月という長い時間を過ごしてもらうことになります。私といたしましては、是非とも、【企業】というもの、【利益】というもの、【顧客】というものについて、考えていく機会にできればと考えています。

切干大根のかわさき屋ですが、今回のプログラム、切干大根はほぼ出てこないという謎の取組。是非とも学生の皆様には来ていただき、一緒に良い体験をしていければと考えています。

かわさき屋店主-かわさきゆうき

かわさき屋店主
川﨑勇樹

かわさき屋店主-プロフィール

かわさき屋(株)代表取締役
1979年宮崎県宮崎市佐土原町生まれ。
学生時分から食に興味があり、県外での会社員を経て宮崎の食関連企業に就職。宮崎の魅力ある食材を自分の手で全国に、いずれは海外に紹介していきたいと思うようになり、かわさき屋を立ち上げました。好きなもの/食べ歩き、温泉、芋焼酎・日本酒。趣味/料理と筋トレ。家族構成/妻と息子、娘2人の5人暮らし。